2014年07月28日

天草トライアスロン2014

第30回になる大会です。
 日本で最初にオリンピックディスタンス
(スイム1.5km バイク40km ラン10km)が
開催された大会で今年で30回を迎えます。
 4週連続の3戦目です。

前々日
 朝10時前の新幹線で熊本まで約3時間
待ち時間と昼食で約1時間
熊本から天草までバスで約2時間余り
到着は午後4時

 その日の夕食は奮発して活魚料理の店へ行くことに。
そこでアルバイトをしているお姉さんに声をかけられます。
「私、大会の日ボランティアをします。
ゴールで、計時用アンクルバンドを外す予定です。」
天草看護学校の学生さんです。
いろんな人に支えられています。

その店で思いがけなく、今人気急上昇の
「近大マグロ」発見!
天草の海で育てられている近畿大学の
完全養殖クロマグロです。
ブランド銘は「天空まぐろ」
天草2014-6.jpg
いつ食べるの?
「今で・・・・」



前日
スタート時刻に合わせてスイム会場へ
天草2014.JPG

女子エリートの
崎本選手と
菊地選手の
スタートダッシュ練習の
お手伝い


午後からは受け付け、開会式、説明会

当日
スイム
1500m  (750m  2周回 )

60歳以上と女子が、第一ウエーブ
50歳台が3分後の、第二ウエーブ
40歳台がさらに3分後と続いて行きます。

今回も女子のスイムが早い選手に食らいつく
コバンザメ作戦
4番目くらいの位置でスイムアップ。

 24分13秒 38位

バイク
40km  20km折り返し

トランジションで2人をパスして、約1分前には女子の
トップ選手がいるはずです。

前後誰もいない状態で距離を進めて行きます。

15km手前で6分後にスタートした40歳台の
選手4人に追い着かれますが、そんなに
離されて行かないのでペースは悪くないはずです。

折り返し少し手前で女子トップを行く中島選手を発見。

ペースを上げようとするのですが、逆に40歳台の選手に
抜かれて行きます。
早くも、暑さと練習不足の影響が

25km辺りで怪我から復帰の福元テツロー選手が
抜いて行きますがエールを送る余裕無し

35kmも行かないうちに同じ年代の原田選手に
抜かれて行きますが、なすすべなし。

何とか最後の坂を越えてバイクゴール

1時間15分46秒  106位  通過 69位


ラン ワンウエイの10kmです。

トランジション中に同じエイジの横田選手が入ってきました。
マークはしていましたが、ここまで詰められているとは

1km持たずに追い付かれます。
暑さで身体が言うことを聞いてくれません。
後は来週にダメージを残さないように、また悔いの
残らない様に、来週は間違いなくもっと暑くなるので
その練習も含めて、悔いのなうように
一歩一歩進めます。

 54分15秒
総合 2時間34分24秒  87位  

天草2014-2.JPG
年代別三位です

すぐ上は
55才〜59才
です。



天草2014-3.JPG
三種類のメダルが
揃いました

金、銀、銅

野球風に言うと
サイクルメダル?





2010年からJTUポイントランキングシリーズに
参戦し24戦目   始めての3位です。

2位が5回それ以外は1位だったのですが、
もうこの年代での参戦も残り2戦。

エイジ60-64で、当初思っていたより戦って来れたのは
皆さんからの声援のたまものです。

8月3日 岐阜県 長良川トライアスロンです。
4連チャンの最後、暑い大会が予想されます。

その次は9月末の村上大会(新潟)です。
よろしくお願いします。

番外篇

1) 熊本駅でまたまた「近大まぐろ」
天草2014-5.JPG 
またまた天草参
「天空まぐろ」
中トロも入っています。
最高でした。


しかも運んでくれたウエイトレスさん曰く
「いつもよりマグロ多く入っています。」
なぜっ? 
野暮なことは聞きません
もしかしてだけど〜〜
もしかしてだけど〜〜

2) 今まで切符をなくすというのはよくあったのですが、
初めて財布をなくしました。
帰りの熊本駅で改札後は有ったのは確かです。
免許証、クレジットカード等大事なもの満載です。

姫路駅の改札口で無いのが分かったときは、
頭マッ白。

約2時間後に新大阪で届けが有ったという連絡が有り、
一安心。
皆さん落とし物や忘れ物のはくれぐれもご注意を!!!
posted by iba at 21:45| Comment(0) | トライアスロン

2014年07月21日

ひわさうみがめトライアスロン2014

7月20日 ひわさうみがめトライアスロン2014( 徳島県海部郡美波町)へ、
行ってきました。
2003年から12回連続で参加しています。
距離はスイム1.5Km、バイク40Km、ラン10Km
いずれも折り返しコースです。
 目標は年代別(60〜64)一位のみです。

今までは第一ウエーブでしたが、今年は60才以上と女子、それにリレーが弟三ウエーブです。
2分差ずつのスタートです。
やはりテンションは下がります。

スイム 
 スイムの早い女子選手に食らいついていく作戦でしたが早い段階で見失い
この作戦は不発です。
 スタート時はほとんどバトルが無く良いのですが、すぐに2分前にスタートした
青いキャップの弟二ウエーブの選手に追いつきます。
かき分け、かき分け追い抜いて行きます。
500mも行くと、白いキャップの弟一ウエーブの選手に追いつき出します。 

 ほとんど単独で泳いでいましたが、水も非常に綺麗でマズマズノ感じでスイムアップ。
その時MCの山本光宏さんが、私を紹介してくれます。
気分を良くしてバイクトランジションに向かいます。

24分52秒 33位/男子


バイク
 ほとんどアップダウンと急カーブのコースです。
景色は良いそうですが、ほとんど観る余裕は有りません。

 周りはほとんど弟一、弟二ウエーブの選手です。
下りでは苦手なので、順位は下がっていきます。
でも登りでは少し順位は上がっていく感じが続きます。

 全体での順位が全然分からないままバイクゴールです。
バイクを降りた時点で、両足のハムストリングが痙攣です。
ユックリ押してバイクラックに向かいます。

 トランジションに同じエイジのバイクがすでに置いてあります。
この時点で同じエイジの選手に負けているはずはないと信じていたので、
リタイヤの選手か、はたまた二位なのか分からないままランスタートに向かいます。

 1時間25分58秒 111位/男子 通過70位

ラン
 スタート直後から、痙攣が波状攻撃してきます。
その都度ペースを落とし、なだめたり、ごまかしたりしながらひたすら我慢です。

 トップの三宅選手に出会った辺りから痙攣も治まり、順位を下げないようにと折り返しコースなので
同じエイジの選手の動向をチェックです。

 やはりバイクが置いてあった選手は見あたりません。
 相当早かったのか、リタイヤなのかまだ分かりません。

 ただ後の選手との差は約1分20秒。
残り5kmで逃げ切るには微妙な差です。
他のライバルの位置もほぼ確認。

 気温も高くなかったのでその後は後ろを気にしながらも淡々とゴールへ向かいます。

とにかく同じエイジには追いつかれることなくゴール!

  48分56秒 143位/男子
余り暑くなかったせいか前半、痙攣に悩まされた割にはここ数年では一番良いランタイムです。

 総合2時間39分47秒  88位/男子

速報が出るまでは一位はだめだと思っていたのですが、結果はエイジ一位でした。

これで年間ランキング一位も少し見えてきました。
2014ヒワサ−2s.jpg
2014ヒワサ−1.JPG
真ん中のが今年の縦です。

 今年はスコールのため表彰式や、阿波踊り、それにお楽しみじゃんけん大会などが、
中止になり残念でした。

一時は半分あきらめていた年代別一位もゲット出来たので満足です。
舞洲に続き2週連続です。
これも皆さんのおかげです。

有り難うございました

<PS>
その1 宿泊した宿は4室だけの小さな旅館ですが、私を除くメンバーは
総合で、一位、六位、九位という超ハイレベルでした。

その2 スタート前の発表で、「東京オリンピックの招致で活躍された滝川クリステルさん・・・・・」
その後に「の弟さんが参加されています」というアナウンスが有りました。


7月27日熊本県 天草トライアスロン
8月3日 岐阜県 長良川トライアスロン
4週続きますが、よろしくお願いします。



posted by iba at 10:47| Comment(0) | トライアスロン

2014年07月14日

舞洲トライアスロン2014

昨日、舞洲トライアスロンへ行って来ました。
JTUエイジランキングシリーズです。
http://www.jtu.or.jp/ranking/2014/age/index.html
天気はあいにくで、バイクの時は結構激しい雨でした。

バイクのコース上で落車事故があり15分ほどの中断が有り、
その間も雨で、中止になるのかどうか分からない状況でした。

しかしその後続行。
事故の影響で、バイクも怖くてスピードをあげることが出来ない状況でした。
バイク走行中も、落車事故の女性の安否や、順位やタイムはどうなるのか
気になりなかなか集中出来ませんでした。

しかし、どんな裁定になっても、悔いの無いように自分に言い聞かせ、
ランに備えて残りの周回を無難に、特に落車に気をつけてバイクゴール。

ランに入る頃には雨もやみ、無事ゴール。

とりあえずは、年代別一位はゲット出来ましたが、怖いバイクでした。

選手でもある、二人のドクターの献身的な救護活動のお陰で、
落車の選手も無事だとの知らせが有りました。

2014舞洲1.JPG

スタッフの皆さん、応援して頂いた皆さん有り難うございます。

7月20日徳島県 ヒワサうみがめトライアスロン
7月27日熊本県 天草トライアスロン
8月3日 岐阜県 長良川トライアスロン
4週続きますが、よろしくお願いします。


posted by iba at 08:43| Comment(0) | トライアスロン