2015年12月29日

スイムの改造と”オリンピアン三浦広司の「体幹クロール」” その後ー2  "2016コスメル大会(メキシコ)に向けて"

IMG_0765s.jpg


← 2015年
シカゴ大会



”オリンピアン三浦広司の「体幹クロール」"受講後
約一月半経過
前回アップしてから約一ヶ月経過したので、その後の
状態をアップします。

25mや50mのスピードやストローク数は、その後
ほとんど変わっていません。

一本をユックリと泳ぎ、レストは25mでも1〜2分ほど
取っていたので持久力や筋力は、向上と言うより
むしろ低下して行くような感覚でした。

まだ体幹を(特に脇腹)充分には使えてないのですが
約一ヶ月経過した頃から、ボチボチ上げていこうかな
という気になってきました。

その頃から時どき女子高生スイマーと同じコースで
泳ぐ事があり、刺激をうけて25mや50mのレストを
減らしたりしていました。

また同じ頃、八田さんのFBでTABATA式の紹介もあり、
今は「ユックリ大きく体幹を意識」「25m、50mの
インターバル」と両方やっています。

後一ヶ月ぐらいは様子を見 ながら、筋力や持久力の
レベルアップを図っていくつもりです。

元々長い練習は一切しておらず、25mか50mの
インターバルしかやっていなかったので2016年初戦の
「石垣島大会」まで3ヶ月余り有りその頃には
迷いも無く自信を持って大会に臨む予定でいます。

31シーズン目を迎えるこのオフは、今までと異なり
時間が有るので、スイムだけでなく、バイク、ランも
バージョンアップをはかりたいですね(笑い)

posted by iba at 22:07| Comment(0) | トライアスロン