2016年04月14日

スイムの改造と”オリンピアン三浦広司の「体幹クロール」” その後ー3  " 2016コスメル大会(メキシコ)に向けて

三浦広司.jpg

「体幹クロール」を受講後2016石垣島大会が初レ−スとなりました。
全体のレポはすでに行いましたが、スイムについてはその辺りを
もう少し考えてみます。

 24分57秒 511人中29位 

23分台を思っていたのでタイムだけを見ると不満は残りますが、
最終ウエーブでのスタ−トを考えるとまずまずの結果です。
最終ウエーブになった場合のロスは、1ウエーブにつき10秒位と思っています。
今回に当てはめると代7ウエーブなので約50秒


しかし実践になって初めて分かることもあり、今後のために
まとめてみることにした。

@ 前の選手を追い抜く時の感触は、スピ−ド感が有った。


A 今回初めて蛇行に依るロスを感じた。
私は今まで、ヘッドアップは余りしない方で。
真っ直ぐに泳げれば、ヘッドアップをしなくても
殆ど問題なかったのです。


でも今回は思った以上に蛇行していた。

考えられる理由として

三浦コ−チから指摘されていた内容で
右ストロークの時、脇が閉まりすぎという癖が充分に
直って居らず左右の差が不安定であった。

ロ−リングを大きくしたため、追い越す時に左右の
バランスが悪くなったりしている。

またエントリ−の時の手の位置がまだ不安定である。

この問題は昨日と今日プールで修正を行なった
その結果スピ−ドも上がりそうだ。

B ここ数ヶ月、大きくユックリした泳ぎを
主に行っていたのでピッチが上がらず、楽に
泳ぎすぎた観がある。
バイク、ランは150拍/分位だが、今回の
スイムは140拍/分程度だった。

次回廿日市大会では、自分を信じて最初から
いつものように攻めていくつもりだ。

最後に
海でウエットスーツを着ると思った以上に足が
水面に近くなり、左右にぶれやすく感じた。
これは単に感覚的なものかどうかは不明です。

 コスメルではウエットスーツは着用出来ないはずなので
問題は無く、むしろこのためにこの半年スイムの改造に
取り組んだので当然と言えば当然だ!!

 今まで抵抗の少ない泳ぎに徹し、自分の考えでそれなりの結果を
出してきたつもりだが、さらなる進化を求めて三浦コーチの
門をたたいてから約5ヶ月。

今はコスメルでのスイムが不安から期待に変わって来ています。
この半年間のいきさつ等です参考にしてください
posted by iba at 16:57| Comment(0) | トライアスロン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。