2022年09月27日

グリーンパークトライイアスロンin加西 2022

9月25日 加西トライアスロンへ行ってき
ました。

自宅から17Kmで日帰りが出来る大会です。
今年からJTU(日本トライアスロン連合)の
エイジランキング指定大会です。

山からの水のみのため池で泳ぎます。
水質はよいのですが水草が難点です。
私も二度水草除去のがランティアに行って
きました。
でも結構楽しかったですね。

抗原検査キットがおくられてきて当日朝の
陰性が義務付けられています。

陽性や擬陽性ならば参加不可なので、
陰性の表示が出るまで心配でした。

AM 5:50 自宅出発 
25分で会場へ到着

少し肌寒いですが、最高の天気です。

受付後トランジションエリアでバイクセッ
ティング
バイクラックは一人分が1m程あり広々と
しています。

加西大会は60才以上のカテゴリになる
ので表彰台はまず無理です。

JTUランキングのカテゴリー(70-74)は
一位を確保するつもりです。

スイム 1.5Km  750m X 2周回
IMG_0318.jpg
池の中にある島をスタートし3角形に
2周回 
6名づつのローリングスタートです。

藻が手や顔にひっつきますが、出来るだけ
気にせずに泳ぐしかありません。
一周目を終えたあたりでs」時計を確認
すると13:50 でまずまずです。

今シーズンは近江八幡、南丹、加西、
大阪城と4連続で淡水が続きます。

個人的には海水が好きですね。

そんなことを考えながらスイムゴール。
 29:01 76位
トランジションエリアまで約300m位!!

バイク 40km 1.4kmx2+6.2Kmx2
IMG_0319.jpg

この辺りは今回泳ぐため池以外数多くの
ため池が有ります。

ほぼフラットなコースで、今シーズンも
何度か練習に来ています。

スタートしてからすぐにチーム員の藤原
成祥選手にパスされ後半にチーム員の野口
選手にもパスをされていきます。
特に後半目に見えて順位が落ちていきます。

約ひと月前に一緒に練習した林真由美選手も
気迫が伝わってくる走りで周回ごとに差が
縮まっています。

想定はしていましたが、順位を大きく下げて
バイクゴール
1:19:56 153位

ラン  10km  約2.5kmx4
IMG_0320.jpg
池の周りを走るほぼフラットなコースです

スタートは5:30〜5:45/km程度のスピード
ですがそれでも周回ごとにペースが落ちて
いきます。2周目後半早くも痙攣気味。

3周目で先ほどの林選手が元気いっぱいで
抜いていきます。

4周目半ばでやはり約一か月前に一緒に
練習した三輪泉選手が軽やかに抜いていきます。

この時点では、スイムスタートの時間差が
分からないので、正確な差は分かりません
が順位が落ちているのはよくわかります。

ただJTUカテゴリー(70-74)だけは
1位になっておきたいのであきらめずに
ゴールイン
  1:00:14  214位
総合152位 60歳以上 11位
 70〜74  1位

特に体調が悪いわけでもないのに、
3種目とも後半ペースが落ちているのは
一回の練習の距離が短すぎるのはほぼ
間違いありません。

 スイム76位 バイク153位 214位
この比率は国内大会では今までほぼ
1:2:3〜4 だったので特に
どの種目が悪いということなく、
取り組み姿勢と老化が大きいのでしょう。
後10年ほどは現役を続けたいので、
これからもよろしくお願いします。

IMG_0315.JPG

恐らくバイク序盤

IMG_0316.jpg
またがいなくランの序盤
右隣は総合1位の清水哲平選手
おめでとうございます。
私は一周目、清水選手は4周目!


IMG_0311.JPG
女子総合2位の松本華奈選手
年齢を感じさせない華奈さん
改めて「おめでとうございます。」

IMG_0310.JPG
チーム員の藤原選手&野口選手

IMG_0303.JPG
バイク&ランはとても速い丸尾選手。

IMG_0321.jpg
参加賞 ぶどうジュース&特おかき

今回も多くの選手、関係者に声を
かけていただき有難うございました。
またあまり遅いので体調を気遣って
いただいたりもしました。

開催にあたって関係者の皆様、スタッフ、
ボランティアの皆様有難うございました。








posted by iba at 20:32| Comment(0) | トライアスロン

2022年08月09日

京都丹波トライアスロンin南丹

8月7日 京都丹波トライアスロンへ行ってきました。

桂川を泳ぐコースで、天候により川の
増水等でスイム中止が心配でしたが

チーム員の岸本選手と参戦です。

受付が5:30〜6:30と速いので朝食を4:30に開始、
約20Km北の宿から5:15出発です。

天候も暑くなりそうですが曇りがちです
桂川の流れも緩やかです。

目標は年代別1位ですが、すでに宮崎
エイジ選手権の出場権は確定しているので
1位との差を最小にすることと、3週間
前の長良川大会ではスイムが無く最悪の
タイムだったの悪い流れをたちきること
です。

猛暑の影響でランは半分の5Kmに短縮
です。

スイムがそのままでランが半分になるのは
初めてです。

スタートは5秒ごとに5人がスタートする
ローリングスタートです。

一斉スタートと比べると自分のペースや
その時の状態が分かりにくいので私は苦手
です。

でもスイム中止から比べると全く
問題ありません。

スイム 1.5Km 500m x 3周回

並んだ順番は前から10列目でスタート
合図から約1分後のスタートになりそうです。

泳いでいる限り、流れの速さま全く
分かりませんが、レース後のデータでは
片道250mの周回ですが、上りと下り
では30秒ほど差があります。

無難にスイムゴール
  29:11 67位

バイク 36.48Km  6.08Km x 6周回

スタート時に70才台のバイクラックには
全員のバイクが残っていたので、現時点では
一番前です。

スイムスタート時間の差が正確には分から
ないので頭の中で約2分程を想定して
レースをすすめていきます。

最初の折り返しでは白桃選手が約5分差、
その後ろ約2分で、最有力選手の〇倉選手が
追ってきます。

3周回を終えたころには白桃選手選手との
差は広がっているのですが、永倉選手の姿が
確認できませんでした。

嫌な展開も想定はしたのですが、これが
大きな誤算で、5周回辺りで気づいた時
には2〜3分差程度になっています。

ランでの実力差とスタート時間の差を
考えると危険ゾーンです。

最後の周回も少し差が詰まっているのを
確認してバイクゴール。

1:13:15  154位  110位通過

ラン 5Km 2.5Km x 2周回

2周回なので3回出会います。

出会う度に30秒程度づつ縮まっている
のが分かるのですが、同時スタートで無い
ので正確な差は分からないのですが、
僅差であるのは確かです。

  28:03  195位
総合2:11:07 111位

エイジチャンピオンシップ70-74 2位

1位の永倉さんには14秒差で負けましたが
久しぶりにいい勝負ができました。

既に宮崎エイジ選手権の出場権は得ている
ので満足のいく大会でした。

3週間前の長良川大会では、ランが全く
ダメだったのですが、それから比べると
上出来だと思っています。

関係者の皆様、コロナ禍での開催
ありがとうございました。

次戦は9月25日は
グリーンパークトライイアスロンin加西
今年からJTUエイジグループチャンピオン
シリーズに加わった大会です。

地元の兵庫県加西市での大会なので
楽しみにしています。

今後とも応援よろしくお願いします


IMG_0152.JPG
一位の永倉選手

IMG_0154.JPG
福元テツロー選手
岸本陽介選手

IMG_0155.JPG
この時点では余裕!

IMG_0157.jpg
 今年は暑さ対策万全でした








続きを読む
posted by iba at 15:44| Comment(2) | トライアスロン

2022年07月18日

長良川国際トライアスロン2022

7月17日 2022長良川国際トライアスロンへ行ってきました。
チーム員の松岡さん(今回は応援のみ)と
行ってきました。

 10日ほど前までの予想では酷暑を
予想していたのですが戻り梅雨でスイム中止も有りうるような天候です。

 前日宿へ行く途中会場を下見したのです
が、その時はスイム中止ではなかったので
ホットしていたのですが、当日の朝スイム
中止の決定を聞き一気にテンション
ダダ下がり。
その前に翌週の日和佐トライアスロンが
コロナ第7波急拡大のため中止の知らせが
入りがっかりしていたのダブルパンチ
でした。

第一ラン  5km  2.5Km X 2周回
バイク   10km  5Km  X 4周回
第二ラン 2.5km  2.5Km X 1周回


第一ラン 
5:00/分ペースで行くつもりですが、最初の
1Kmは何とか行けたのですがその後は
徐々にペースダウン。

 同じエイジ(70-74)の姿がだんだん
小さくなっていきます。

28分26秒   310位

バイク
第一ランが遅いので、バイクでは追い越す
ほうが多くなるはずなのですが順位が
ほとんど上がっていきません。
時々思い出したようにペースを上げる
のですがペースダウン。

43分40秒 297位    303位 通過

第二ラン
2.5kmだけなので5:00/分ペースで行きた
いのですが5:20〜5:30分程度で何とか
ゴール

14分28秒 287位 
総合300位 (346人中) エイジ5位

IMG_0108.JPG
  with 片山隆選手 松本華奈選手
ゴール後の楽しいひと時です。

天候のためデュアスロンになりましたが3
年ぶり大会開催ありがとうございました。
次戦は8月7日 京都丹波トライアスロン 
です。引き続き応援よろしくお願いします。

同行の松岡さんありがとうございました。












続きを読む
posted by iba at 16:31| Comment(0) | トライアスロン

2022年06月06日

第7回びわ湖トライアスロンin近江八幡

6月5日 第7回びわ湖トライアスロン
  in近江八幡 へ行ってきました

今シーズン3戦目で、初参加です。

チーム員の岸本選手と一緒に参戦。

現地到着後バイクコースとバウムクーヘン
で有名なクラブハリエの下見です。
(恥ずかしながら私はこれまでクラブ
ハリエは知りませんでした。)

宿は会場すぐそばの休暇村近江八幡で
夕食は近江牛をふんだんに使ったコース
でした。

IMG_9997.jpg

宿の部屋からスイム会場もよく見えます。
IMG_9998.JPG

今回はエイジ70-74 で1位は獲って
おきたいところです。

スイム 1.5 Km  750m X 2周回 

スイムは3秒毎に4人のローリング
スタートです。

25分〜30分位のプラカードの位置で、
約30秒後のスタートです。

バトルはほとんどないのですがペースが
なかなかつかめないまま1周目終了
約13分30秒 
2周目も同じような感じでスイムアップ

 27分25秒  127位 

バイク 40km フラットな直線が多い
   高速コースです。

対面の部分がないのでどれぐらいの順位に
なっているのかわからない状態です。

先月の横浜大会ほどではないのですが、
ドンドン抜かれていきます。

干拓地を5周するので周回数を間違わない
ように注意してバイクゴール。

 1時間23分00秒 225位  187位通過

ラン 10km  2.5km x 4周回

同じエイジのバイクがなかったのですが、
スイムスタート時間の差が分からないので
集中して走るだけです。

5:30/Kmぐらいでは行きたかったのですが、
前半は5:30〜6/00 後半は5:45〜6:15
程度で予定よりは遅いのですが、ほとんど
が対面なので、すれ違うたびに声をかけ
たりかけられたりでしんどいながらも
出会うのを楽しみながらの10Kmです。

 58分57秒 318位 

総合 231位 エイジ 70-74 1位

今の実力では仕方がない順位です。

今シーズンは多くの大会が開催されそ
ですが、中止になる大会もある中で、
無事開催されありがたい限りです。


帰りにクラブハリエに寄り家内や娘からの
ミッションを済ませて帰路に着きました。

関係者の皆様、同行の岸本選手ありがとう
ございました。
 
IMG_0006.JPG


IMG_0005.JPG


<PS> シャインマスカットも今のところ順調です。
種なし処理、摘芯、摘粒でトレーニングも後回し!!


IMG_9995.JPG

次戦は 7月17日 長良川トライア
スロンです。
引き続き応援よろしくお願いします。

posted by iba at 21:54| Comment(0) | トライアスロン

2022年05月17日

横浜トライアスロン 2022

5月15日 横浜大会へ行ってきました。

9回目の参加です。
ランキングシリーズの中では参加数も多く
人気の大会です
IMG_9957.JPG
会場の山下公園のバラ園は今が最盛期

前日はオリンピックのメダリストをはじめ
世界のトップクラスが多く出場する
エリートレースが行われます。


女子のレースですが、まじかで見る迫力は
凄いです


IMG_9954.jpg


コロナ対策でいろいろ制約があるものの
昨年よりは観客も多くなっています。
天候はも曇りで少し肌寒いくらいで
ちょうどいいぐらいです。

今回は今の実力を考えると1位はあり
得ないので2位狙いです。

スイム 750m X 2周回 1500m

5秒間隔で3人ずつのスタートです。
水質もかなり良くなっています。
思っていたより海水温は低かったのですが、
問題ありません。

いい感じで泳げてたのですが2周目に
なるとき時計を見ると13分後半だったので
少しがっかりして、2週目に入ります。

前にスタートした緑キャップの選手が徐々に
増えてきますが泳ぎにくいほどではあり
ません。

28分15秒  198位 予定より1分遅い

バイク  6.7Km X 6周回 約40Km

港湾施設の中をコーンで仕切ったコースで
今までより直線も短くコーナーが多く
路面も悪く私には非常に嫌なコースでした。

最初の2周回ぐらいは、初めて寒く感じ
ていました。

スタート後すぐに65-69の小宅選手が声を
かけて抜いていきます。

嫌になるくらい追い抜かれ、同じエイジの
佐藤選手には一周につき1分程度離されて
いきます。

でも今日は安全第一で順位やタイムより
「無事完走」と言い聞かせ耐えて耐えての
バイクゴール

1時間24分32秒 725位 480位通過

抜かれ具合から予想はしていましたが
想像を絶する悪タイムです。

トライアスロンを始めたころはバイクが一番
得意だったのが自分でも信じられない
ぐらいです。
でも今の練習量では「仕方がないのかも」
というより当然なのかも。

ラン 5Km X 2周回 約10Km

バイクラックを確認したところすでに
3台あったので現時点では4位みたいです。

でも昨年よりランだけは昨年よりいい
練習ができていたので、2位狙いでランス
タートです。

5:00/Km のつもりなのですが
現実は5:30〜6:00/km 程度でしか走れ
ていません。

最初に佐藤選手に出会ったときの差は
10分程度だったのでバイクの出来から
考えるとそんなもんかな。

今回は塩タブの提供がないので塩分補給に
味噌汁の味噌をテスト試用しました。
夏場にも使えそう。

ランコースでは大阪から夜行バスで急遽応援
に駆けつけて頂いた86歳の 阪本一雄 さんの
声援も確認。

ペースも上がる事はなく後半少しペースが
落ちましたが、大きく下がることもなく
ゴールイン。

 52分15秒 741位 これでも昨年よりは
 3分短縮

 合計 2時間50分07秒 427位 
 エイジ 70-74   4位

 目標には及びませんでしたが、大会関係者の
皆さんには感謝、感謝です。


 終了後 スーパーレジェンドの阪本さんと
ホテルに帰りシャワーを浴びてから中華街へ
直行です。




IMG_9959.jpg



IMG_9971.JPG

大珍楼  で遅めの中食兼夕食
  

IMG_9964.JPG

ここ数年は佐藤選手には大差で
負けっぱなし
この10シーズンは佐藤さんの存在が有れ
ばこそいい思い出がたくさんあります。


IMG_9966.JPG
この後翌日の、新大阪まで阪本さんと
同行で、とても有意義下思い出に残る
時間を持つことができました。

やはり ”隣の人間国宝さん” でした。

次戦は6月5日 近江八幡大会 です。

引き続き応援宜しくお願い致します。

続きを読む
posted by iba at 20:06| Comment(0) | トライアスロン

2022年04月20日

石垣島トライアスロン 2022

4月17日 石垣島トライアスロン2022参戦してきました。

2010年以降、開催されたときはすべて参加しています。

今年で37シーズン目に入るのですが、初戦は緊張や心配が多いですね。
機内預けでバイクケース約17Kg、スーツケース約8Kg
超過料金数千円を覚悟していたのですが、0円でした。

レース編

 エイジカテゴリーは70〜74歳
永倉選手、佐藤選手にチャレンジする
感じです。

スイムは昨年と同程度、バイクは圧倒的に
練習量が少ないので終わってみなければ
分かりません。

ランはここ数年では一番練習したので
昨年より5分短縮の予定です。

 今回ゼッケンナンバーは8でお隣さんは
7のカナさんです。

スイム 750m x 2周回  1500m
スタートは35人だけ第一ウェーブでその
後は10秒ごとに10人のローリング
スタートです。
第一ウエーブは前に遅い選手がいないので
有利です。

約1/4も行かないうちに1分後スタートの
白キャップの選手が追い抜いていきます。
次元の違う速さです。

一周目の終わりで足が立つところでは
松本華奈選手と中村順子 選手が2週目に
入っているのが確認出来、ここ数年2分
以上開いていたので、少し安心。

2週目に入ると白キャップの選手が選手が
どんどん追い抜いていきます。

スイムゴール 
26:22 昨年より 1:31 短縮
第一ウエーブの効果絶大!!

バイク 島南半分を左回り 40Km 

 ペダリングコーチの「フランキーたけ」
さんに声をかけてもらいバイクスタート

 数キロ地点で大石一郎選手が声を
かけて抜いていきます。

調子は悪くないのですがどんどん追い
抜かれていきます。
今の実力を良くわかっているだけにこの
状況を受け入れていくしかありません。
登りは少しはましですが下りやフラット
では順位は目に見えて下がっていきます。

20Kmを過ぎたあたりで永倉選手が
追い抜いていきます。
スタート時間の差とスイム差を考えると
20Kmで4分縮まっており40Kmで10分
近く逆転される計算です。
そんなことを考えていると今度は
佐藤選手が追い抜いていきます。
下りで離され登りで追いつくパターン
でしたが30kmまでに姿が見えなく
なるぐらいの差になっています。

その後小宅選手にも置いて行かれます。

その後もペースが上がらないまま
バイクゴール
1:26:06 昨年より1分44秒
 オーバーです。

ラン  5Km x 2 周回     10Km

昨年12月からピッチを180/分を目指して練習したのですが
オフシーズンに一番練習したのはラナンで蹴らない走りとピッチ重視の走りです
1Km地点で永倉選手の姿を発見
最初の折り返し手前で佐藤選手と出会い差が
思ったより差が少なかったので、ひょっとしたらと思いながらの追走です。
永倉選手との差は少しづつ縮んでいるみたいです。
しかし一周目の後半に左足痙攣、収まったころに右足痙攣。
その後はペースダウン。

56:13  昨年より1分53秒 オーバーです。

総合 2時間54分42秒 328位/912名
エイジ別  3位 タイム差7分31秒

予想より10分程遅いのですが、無事
ゴールできたのと、前年比1%程度の低下、
それに遅くなった原因も自分なりに理解
しているので結果には納得しています。


IMG_9826.jpg

数年ぶりのエイジチャンピオンシール

IMG_9846.JPG

スタート前の with 岸本選手、小宅選 
二人とも私の手に負えない強豪です

IMG_9836.JPG

松本選手、中村選手に挟まれて
今回のベストショット!!

IMG_9829.JPG

レース後 東京 パラトライアスロン
銀メダリスト 宇田 選手
笑顔が素敵な好青年でした!!
こちらが今回の
ベストショット!!

コロナ下での開催本当にありがとう
ございました。

前日の受付会場でJTU 岩城 会長と
短い時間ですがお話しできました。
3点ほど話すつもりだったのですが
2点だけにでした。内容は秘密です。

次戦は5月15日 横浜です。
引き続き応援宜しくお願い致します。












posted by iba at 15:11| Comment(0) | トライアスロン

2021年10月19日

第一回福山芦田川トライアスロン

 一昨日(10/17)広島県福山市開催の
「芦田川トライアスロン」に参加しました。

 マインドプロトライアスリートの
福元テツローさんがプロデュースする
コンパクトですが本格的な大会です。

自宅から160Km約2時間10分で行けそう
なので日帰りすることに決定

AM5:00に家を出るときには小雨でしたが
到着するころには薄曇り。

スタート時には青空も見えだし最高の天気になりそうです

スイム 750m   375m x 2周回

前から1/4ぐらいのところからスタートです。
透明度こそあまりよくなかったのですが、
匂いも味もなく、流れもほとんど感じませんでした。

 13分48秒  23位

バイク 24Km 6Km x 4 周回

道幅は狭いですがきれいな舗装道路で
川に沿って直線3Km折り返しです
行きは追い風帰りは向かい風
追い越すより追い越されるほうが明らかに多く
なっています
パワーメーターをみても160W程度なので
200W以上に上げるのですが気が付くと
160程度。
そんなことの繰り返しでようやくゴール

 48分10秒  56位  43位通過

ラン  5Km  2.5Km x 2 周回

川沿いを走る快適なコースです
残り1qあたりから同年代の川崎選手と
話をしながらの並走です。
最後余力があるかを見るためにペースを
上げようとしたのですが全く上がらず、
今の走力を思い知らされてほぼ並走で
ゴールイン
今の私には5Kmがピッタリです

 32分14秒 81位 
 総合1時間34分10秒 男子総合59位

 後ろから数えるほうが早い順位に
なっています。

IMG_9380.JPG
54歳にしていまだ総合トップクラス
正に大魔神 高橋泰夫選手

IMG_9371.JPG
同時ゴールの同世代川崎選手
どんなに長い距離でも問題なし

IMG_9382.JPG

 思いもかけず男子最高齢で表彰
最高齢男女 と 最年少ジュニア 7歳

いつの間にかこんな年になりましたが永く
続けていくつもりいですので今後とも
よろしくお願いいたします

IMG_9375.JPG
綺麗に整備された河川敷

コロナ禍も収束に向かっているとは言え
こんな状況で開催にこぎつけていただいた
テツローさんをはじめ関係者の皆さんありがとうございました。

石垣島、横浜、加西(兵庫)、福山(広島)
今シーズンはこれで終わりです
明日から来シーズンに向けて戦略を
練り直します。






タグ:大会
posted by iba at 15:25| Comment(0) | トライアスロン

2021年09月27日

グリーンパークトライイアスロンin加西2021

 軒並み中止になる中、デュアスロンで
開催されました。
ありがとうございます。

スイムが第一ランになるので、エントリー
はしないつもりだったのですが、軒並み
中止になっていくので大会以外で10Km
以上ほとんど走っていないので、約半年
大会に出てないので今の状態を確認して
おくためにもエントリーしました。

前日に抗原検査キットをつかっての陰性が
義務付けられています。
IMG_9338.jpg

AM6:00出発第一ラン  2.9km
5秒間隔で3人ずつのローリングスタート
です。
5分30秒/kmのつもりで行くのですが、
何度確認しtも6分/km近いペースです。
17分15秒 163位

バイク  36km (9Km X 4周回)
一周につき約2Km追い越し禁止区間が
有り嫌だなと思っていたのですが、私の
レベルでは一度だけ実害があっただけで、
それも今の私には大勢には影響なし。
上位の選手がどんどん追い越してくので
すがスピードの違いにただただ自分の
遅さにあきれるるばかりです。

IMG_9349.JPG

1時間12分22秒  97位 

第二ラン 9.6km  (2.4km x 4周回)
最初の一周も6分/kmより少しマシなペース
です。
その後も少しづつペースは落ちていき、
辛うじて6分/kmでゴールイン
56分56秒  147位 

総合  130位  60歳以上 9位

辛いランでしたが翌日も筋肉痛はほとんど
ありません。
加齢による体力低下はあるのですが、気力
の低下も相当あり、反省材料が多かった
大会となりました。

でも多くのトライアスロン仲間に出会えて
有意義な一日でした。

大会関係者の皆さん、ボランティアの皆
さん、ありがとうございました。

お土産です。
IMG_9343.jpg
酒米の加西産の「山田錦」のごはん
パンの缶詰
直径約20cm大丸おかき


IMG_9344.JPG

同じスポーツクラブの三木選手
posted by iba at 16:44| Comment(0) | トライアスロン

2021年08月27日

新聞掲載「プラチナ倶楽部」

神戸新聞に掲載して頂きました。
神戸新聞2021.jpeg

「プラチナ倶楽部」というコーナーで、
人生100年時代を楽しんでいる人の
紹介記事です。
 月に一度第四金曜日だけのコーナーで、
取材は7月上旬でした。

 取材のアポから記事掲載まで、非常に
丁寧な対応で記者様、カメラマン様には
お世話になりました。

 コロナ禍で大会中止や延期で、今後の
予定は4大会ですが、成り行き次第で
どうなるか分からない状況です。

 ブドウも、後1〜2週間後から収穫期
に入っていきますが、実をつけすぎた
ので質量ともに昨年より悪くなりそう
です。

 再来年には、今年接ぎ木した品種の
「紫玉」や「紅瑞宝」が実をつけるので
楽しみにしています。

 トライアスロンもブドウもあと何年
楽しめるか分からないですが、永く
つづけたいものです。

 今後も応援よろしくお願いいたします。

posted by iba at 18:18| Comment(0) | トライアスロン

2021年05月19日

横浜トライアスロン2021

先日コロナ禍で開催された横浜トライアス
ロンへ参加してきました。

人と人との接触を極力減らすため、説明会
や受付及び健康チェックなどは事前に
WEBで行い、当日はスマホでQRコードを
提示するだけです。

スイムスタートからゴールド直後の間を
除きマスク着用です。
 ”行かないことが一番の応援”
というキャッチフレーズです。

 今回の宿は、会場近くのホテルJAL
シティです。
IMG_9123.JPG











今まではヤマト便(200サイズ)を使って
いたのですが、初めて新幹線で大型荷物
専用座席の予約制度を利用してみました。

今回は200サイズの四角いケースを使った
のですが、シーコンで大型荷物専用座席を
使われた方があれば参考意見お願いします。
(シーコン持っていますが最近は使ってない)

スイム 750m x 2周回  1500m

前日に岸壁から見た海水は今までで一番汚
く、見るんじゃなかったと思ったほどで
した。
しかしスイムコースは逆に今までで一番
綺麗で気持ちよく泳げました

5秒毎に2名づつのローリングスタート
です。
バトルもなくバトルもなく泳ぎやすかった
のですが、コバンザメ作戦が全く使えず
終始マイペースになり、タイムはイマイチ
でした。

これならほぼ同時にスタートした岸本選手
にピッタリ引っ付いていったほうが良かっ
たとつくづく実感!!
IMG_9161.JPG


ホテルで岸本ご夫妻に
遭遇
お世話になりました。

 

28分09秒 152位

バイク 10km x 4周回

 スタートして1Kmまでにエイジ65-69
の猛者に次々と追い抜かれようやくスイム
がいいつもより遅かっことに気が付き
ペースを上げようとするのですが、それも
長続きせず、明らかに順位がドンドン
下がっていくのがよくわかります。
パワーメーターを見ても、人に言えない
ほどの低パワー。

通常バイクは練習より本番のほうが
パワーが出るのに今日は全く逆でスイッチ
が入ることなくバイクゴール

1時間21分21秒 444位 通過287位

 ラン 5km x 2周回
ひょっとしてランはまともに走れるかな
と、かすかな希望をもってスタートした
のですが、500m毎のラップタイムで
ペースが6分/Km辺りで、5分ペースからは
程遠い状態です。

 55分27秒 659位 
 
 総合 2時間50分17秒 427位  

狙っていたタイムからは20分程遅いので
すが、何とか年代別 70-74 で2位は
確保できました。

コロナ禍での開催は感謝の限りです。
いつ中止になってもおかしくない状況で
今レースを出来ている喜びはレース中
ずっと感じていました。

関係者の皆さん、ボランティアの皆さん、
関東地方の皆さん本当にありがとうござ
いました。

IMG_9162.JPG


チームシラサギ練習会が
有った頃はほぼ
毎月参加の原田選手











IMG_9139.jpg

夕食後のデザート

で〜す






IMG_9143.JPG
帰宅後は家庭菜園の
ブドウの接ぎ木です。
人気のシャインマス
カットを増やすため
巨峰に接ぎ木しました





最後まで見ていただきありがとう
ございます。


posted by iba at 20:25| Comment(0) | トライアスロン

2021年04月13日

石垣島トライアスロン 2021

今年から取り組んでいるのは、当たり前の
事なのですが睡眠の質と量の改善です。

IMG_9079.PNG

年ぶりに質の高い
睡眠ができました
IMG_9074.JPG
  とても広いお宿です

この3シーズン故障がちで、練習も満足に
出来ていませんでした。
ようやく2月下旬辺りから不安もかなり無く
なり石垣島に向けて少しずつ良くなって
いるのを感じています。

 前日
午前はバイクコースを車で確認とイメ
トレーニングです。
説明会や前日受付が中止なので午後は、
石垣島在住のペダリングコーチ
「フランキーたけ」さん個人レッスン
です。
二週間にzoomでのレッスンは受けていた
のでその確認等です。
たけさんも10日午前11日は大会終了まで
ボランティアでその合間に
時間を作って頂きました。

 当日
風が強いですが晴れたり曇ったりの最高の
天気です。
試泳直前までマスク、ゴール後もマスク

スイム  750m x 2周回  1500m

10名ずつ10秒間隔のローリングスタート
です。
初めてのスイムローリングスタートで
期待していたのですが、想像していた
のと違って最初から最後まで周りに人が
いてしかも速い人、遅い人が入り乱れ
泳ぎにくかったです

 27分53秒 94位 

バイク 40km

中盤緩やかなアップダウンが多いも
のの走りやすいコースです。
登りで数人追い抜き、下りや追い風で
スピードの出るところで抜かれて行く
というパターンの繰り返しです。
ここ数年バイクタイムで2〜5分私が
負けている小宅選手(2019年65-69エイジ
チャンピオン)にも登りでは追いつき
バイクゴールタイムもほぼ同じ
だったので満足できるタイムです。

 1:24:22  186位

ラン 5km  x  2周回 10km

ゴール付近以外は無観客
スタート後500m程で小宅選手追い
抜い行くのですが
無理をせずマイペース

IMG_9095.JPG
風が強く500m毎のラップタイムに
バラツキが有り後半ペースが少し
落ちたもののコロナ禍での開催に
感謝しながらゴールイン

 54:20  269位

 総合2:52:28  159位
 エイジ70-74    1位

スイムは想定より遅かったのですが、
バイクでは風が強かったものの予定
より気持ちよくゴールできました。

この3週間、石垣島在住のペダリ
ングコーチ「フランキーたけ」さん
とのやり取りの中での
アドバイスのおかげで自信を持って
臨めたのが良かったと改めて感じて
います。

ランについては良くはないのですが
、想定の範囲内です。
5年前、2年前、今回と石垣島での
各パートの変遷を見てみると3年前
からの不調からは、復活に向けて
進歩はいているので、調子に乗りすぎ
ない程度に楽しんでいきます。

5年変化.jpg

アイシングもしっかり実施

IMG_9085.JPG

ゴール後も会話も余りせずに会場を
後にしました。
成績も宿についてWEBでの確認です。


これからも暫くはこの様なスタイルに
なって行くのでしょうがスポーツイ
ベントだけは開催して欲しいものです。

関係者の皆様島民の皆様心から
御礼申し上げます。

IMG_9092.JPG


IMG_9087.JPG

<PS>今回のではコロナ禍のせいも
あるのか空港のスタッフや機内のCAさん
の、対応が丁寧だったのですが、よく考え
ると高齢者用の対応だったようでした(笑)


posted by iba at 16:02| Comment(1) | トライアスロン

2020年11月13日

アワ0.3

 昨日、初ジェノバラインで淡路島へ
行って来ました。

572CD250-ABF2-4159-A24D-E666B89F63BC.jpeg

アワイチで無くアワ0.3程度で観光や

休憩時間を除くと約5時間半で約60km

しかも殆ど平坦!


メンバーは30年以上前に在籍していた

会社の,F君と私と二人です。


彼が高校を出て直ぐの頃から私が

30過ぎで中間管理職の時からの

間柄です。


彼が数年前からロードバイクに乗って

いるのですが、直ぐにケツガ痛くて

困っているとの相談を受けたのが

キッカケでのサイクリング。


二人ともジェノバラインは初めて

なので彼の要望で50km程度の

アワ0.3です。


私も長い距離は殆どバイクに乗ら

無いので、ペダリングのクリニック

&観光のユルユルサイクリングでした。


走ってる時で20km/h、平均で

10km/h程度です。


途中何度か止まってペダルへの力の

伝え方のタイミングやフォーム等の

アドバイス

E06A0489-BD5B-4700-9002-7764A6C7E591.jpeg


スタート直後の絵島の鳥居に大きなトンビ

後半の淡路西海岸がとても印象的

でした。

466E0A1A-C1C0-4033-9B84-DAF2CA90D615.jpeg



フェリー乗り場まで後少し

最後に淡路パーキングで鳴門金時と

ミカンを買って無事PM5:20

ェノバラインに滑り込み。



ユックリでも出発から帰宅まで11時間、

アイアンマンに出ていた頃の疲れを

思い出しまました。



DF7FDB81-1DEF-436A-886A-ED818E6A8B6F.jpeg


今日F君からケツの痛みも今までより

ずっとましで、痛かった膝も痛み

無しの連絡あり

私も大満足です。


posted by iba at 20:18| Comment(0) | トライアスロン

2020年10月12日

大阪城トライアスロン2020

10月11日 私にとって今シーズン最初
で最後のレースでした。

3月ごろから左ひざに炎症が有り一進一退で
満足なランができない状態が続いていました。

一時はランでリタイヤするつもりでいた
のですが、バイク約22km、ラン4.5Kmに
なったので初めてスイムが得意に者に
とって有利な設定です。

俄然やる気が出てきてテンションも
上がってきていました。

ところがそうはいかないのが世の常です。

前日の夜にスイム中止が発表になり、テン
ションダダ下がり

水質が良く無いので安全確保の為です。

こんなことも含めてのトライアスロンです。

宿泊はGoToでホテルニューオータニ。
地域共通クーポン」は全額お土産に
変わりました

スタートは13時過ぎなので時間はたっぷ
りありますが、いつもと勝手が違うので
ホテルと会場を何度も行ったり来たり

スマホによる事前のチェックリストや
受付時にスマホによる事前のチェック
リストや当日の健康チェック画面の提示
など、コロナ対策がとられています。

 バイク 21.98Km  
 0.58Km + (3.0km x 7) + 0.4km  
]
 スタートは5秒間隔で2人づつの
ローリングスタートです。

最初のスタートから約3分後、ブレイブ
八尾監督の声援を受け落ち着いてスタート
です。

バイクスタート直後にパワーメータも
ガーミンのサイコンも正常に動作して
くれません。

前日には異状なかったのに・・・

 ストップウォッチのラップ設定も3km
にしたつもりだったのですが忘れていた
ようで、ペースがつかめ無いままにバイク
ゴール

  43分04秒 184位

ラン 4.5Km  
 0.34Km + (1.3Km x 3) + 0.26Km

スタート後も膝の痛みもあまりなくここ
2〜3年で一番いい出だしです。

1.3Kmで折り返しなので私にとっては
いい距離です。
IMG_8717.JPG
ランの練習ができて無かった割には
いい感じでゴールイン!!

   23分36秒 266位 

総合223位 エイジ70-74 2位

翌日も筋肉の疲れも痛みも全く無くもっと
ペースを上げれたのではという気持ち
が有りますが成績よりもよりも無時大会で
ゴールできた喜びや、トライアスロン
関係者やトライアスロン仲間と再会できた
喜びが大きかった大会でした。

IMG_8714.JPG

IMG_8715.JPG


地域共通クーポン3000円は、ホテルと
会場のジョウテラスでお土産に使いました。

大会関係者やボランティアの皆さん
ありがとうございました。

posted by iba at 23:12| Comment(0) | トライアスロン

2020年09月05日

ブドウ&ヒルクライム&スイミング合宿 in 神河



9月2~3日は兵庫県の中央部での
ユルユル合宿でした。

第一種目はは芦屋の宗政ご夫妻を自宅に
お迎えし我が家のブドウ試食
&トライアスロン談義。
IMG_8595.JPG

第二種目は兵庫県の中央部の神河町役場へ
車で移動。

天候が不安定なので、雨雲レーダーを確認
しながらの工程です。

その後その後峰山高原リゾートへのヒルクライム

宿泊予定の標高920mホテルリラクシア
まで17Kmのバイクライド。
神河ヒルクライムのコースです。
前半は2~5%、後半は5~8%標高差は
約750m。

IMG_8592.JPG

後4Km地点

ユックリペースで約1時間半
ホテルのフロントでチェックインをしないで
小休止のみ。

次に向かうは砥峰高原交流センターまでの
バイクライド。


7Km程ですが100m程度のアップダウンを
2〜3回繰り返し。
IMG_8594.JPG

映画「ノルウェイの森」のロケ地

そこで昼食予定でしたが、蕎麦屋さんが
臨時休業

小休止ノミ後標高差600mのダウンヒル。
清水地蔵命水で一休み。

その後関西電力のエルビレッジで遅めの
昼食→車を置いていた神河町役場で
一段落。

途中で車線の道路をヘビが横断中
3人ともかろうじて無時通過

合計約40Km獲得標高は1300m。
アップダウンは多いですが、追い越して
行く車も数分に一台程度、信号も
役場近郊の3か所だけです。

時間、天候等でこの日のスイムは中止です。

ここからは「車」でホテルまで17Km
のヒルクライム。

IMG_8586.JPG

ホテルはGoTo適用

天気が良ければ満天の星空ですが
あいにくの曇り空。

持参したブドウを食べながらのトライ
アスロン談義と陸上でのスイムセッションで
初日終了!

2日目
バイクの予定は中止にして昨夜のスイム
セッションの実技編のみに変更です。

昨日バイクでのヒルクライムルートを
車で逆走です。

屋内プールは神河町役場から約7Km

貸し切り状態で約2時間距離を泳ぐ練習
でなくスキルアップを目指した練習です。

その後はホテルモンテローザで昼食。

最後はPM3:00からはブドウ栽培で知り合った

ブドウ園の見学です。

趣味のブドウ栽培ということで知り合った
のですがすべてでプロ級です。
それもトップレベルです。

今年からは販売も行っていると言うことで
販売サイトも開設中ですので興味ある方は
覗いてみてください。




























posted by iba at 20:57| Comment(0) | トライアスロン

2019年11月11日

2019 ハルカス スカイラン 

昨日「あべのハルカス スカイラン」行ってきました。
2年ぶり2度目です。

60階1610段 かけ上がりです。

IMG_7633.jpg

一昨年は14分19秒でしたが、ここ2シーズン、
絶不調なので16分位はかかりそう。


今回は、大阪のデパ地下巡りも兼ね家内と、参戦です。
天気も最高で絶好のスカイラン日和です。

屋内の階段を上がるのですが、受付や、
待っている間は外なので、悪天候は嫌
ですね。

スタートは3~5人づつ20秒間隔です。

各界の高さは同じでないので正確なラップ
あ、分かりませんが最初の10階までは、
軽快でしたがその後の10階はきつくなって
きたので少しペースを落とすことに。

その後は40階まで無理のない範囲で階を
重ねます。

20秒間隔の時差スタートですが、ほとんど
追い抜かれることなく順調に階が進んで
いきます。

少し余裕があったので50階辺りでペース
アップ。

ゴールのフロアーでは最後50mほど、
フラットな絨毯を走るのですが、非常に
気持ちよくゴールイン!!

14分39秒  

IMG_7629.jpg

一昨年より20秒遅いのですが、今の私に
しては上出来のタイムです。

この瞬間からトライアスロン2020シーズン
へ向かうのですが、いいスタートを切れ
ました。

時間的には3kmのマラソン大会程度ですが、来年もぜひ参加したいです。

皆さんぜひご一緒しましょう。



posted by iba at 12:42| Comment(0) | トライアスロン

2019年11月05日

第2回エイジ選手権宮崎大会2019

宮崎エイジ選手権
ようやく出場出来ました
今シーズンの初めには故障もほぼ癒えて
いたのですがなかなか、バイク、ランの
スピードが戻らなく、宮崎への出場権も
先月末の大阪城トライアスロンでようやく
確定できました。

IMG_7568.jpg

選手権の部はバイクラックも前日の
ワールドカップと同じで同じです。
我々高齢者は、ここ宮崎の
選手権でしか味わえない特典です。

スイムスタート前には全員コールされます。
昨年、今年と台風や雨で予定通りに
事は進まなかったのですが、自然相手
でもあり仕方がないことです。

前日のワールドカップ女子では上田藍選手が
怪我からの驚異的な回復で、自身の誕生
日を飾る見事な優勝でした。
IMG_7565.JPG

この後上田選手とツーショット写真が
有るのですが藍チャンファンから妬みを
買いそうなので、アップは止めておきます。

レース当日
朝は曇りがちでしたがオープニングセレモ
ニーの頃には晴天で、最高の気象条件でした。

IMG_7589.JPG

来年もこの場に来れるようにスタート前の撮影会


IMG_7572.JPG

70-74一位の永倉選手
来年から4シーズン同じカテゴリーです。

スタートの30分ほど前に、急遽スイムが
二周から一周になりスイムを得意とする
選手からは落胆のため息が聞こえてきます。
私も落胆組です。



スイム約700m一周回

砂浜からのスタートです。
選手権の部は高齢者を除きほとんどが若く
て速い選手です。
泳ぎだしたころには先頭はすでに10m
近く前に行っています。

前日のワールドカップを見ていたので、
どれだけ波で流されるのかある程度わかって
いたのでコース取りに関してはうまくいった
のですが、コバンザメ作戦はほぼ不発。

いつもと違ったのは浅瀬まで来てから、
トランジションエリヤに入るまでに若い選手
がどんどん私を抜いていきます。

13分03秒 男子 39位
トラエリアに入ってすぐに女子45-49の
北吉選手発見。
最近はスイムでも大きく離されていたので
この位置なら上出来です。

バイク 20Km 2周回
四車線の高速道路を使っての文字通り高速
コースです。

今回初めてバイクシューズをペダルに取り
付けてのスタートですが無事スタートで
一安心。

それも束の間でいつも以上にバイクで
抜かれます。

高速道路に入ってすぐに65-69福田選手に
抜かれるのですがスピードの差は歴然と
しています。

最初の折り返し(約6Km)手前で順位を
数えると70番手位のようです。
選手権の選手が多かったのですが、その後は
3分後の第二ウエーブの選手が増えてきます。

順位はどんどん下がっていくのですが、
気分は最高です。

現時点では65-69で福田選手、小宅選手に
続く3位です。

30Kmを過ぎた辺りから足が売り切れ状態
になり練習不足での限界が近づいてくる
のが分かります。

35km辺りで女子50-54小原選手に追いつ
いたのですがいつもより調子は良くない
みたいで気がかりです。
でも声をかけてもらい少し元気回復です。

残り2~3kmで65-69佐藤選手、70-74
永倉選手に先を越されますが追いつくだけ
の体力も残っておらず練習不足を痛感
しながらのバイクゴール!!

1時間18分16秒 58位 
スプリット 1時間31分19秒 57位

ラン 10Km 2.5km X  4周回

ランの出だしは今まで経験したことが
無いほど足が動かず、すぐに小原選手が
颯爽と抜いていきます。

続いて65-69石橋選手に置いていかれます。
2周回目で早くも65-69一位の福田選手に
周回遅れにされてしまう体たらく。

5分半/kmのペースが精一杯!!
多くの選手に周回遅れにされながらの
ランゴール

54分46秒 63位 
年代別 6位
総合 2時間26分05秒 59位

レースNoが、61なので順当といえば
順当なのですがあまりにもふがいない
成績にガッカリですが、観戦者になって
いた部分もあり来年も何としても出場
したいです。
その時は今回のように出場することだけが
目標にならないようにしておきます。

IMG_7577.JPG

各カテゴリー一位の雄姿です。
私にできるのは勝者をたたえる事です。


大会関係者の皆様、選手の皆様、応援の
皆様ありがとうございました。

今回の宿は宮崎駅から約1.5Kmに位置する
宮崎第一ホテルです。
会場まで約4.5Kmバイク自走で20分近く
かかりますがおすすめです。

IMG_7586.JPG

帰りの宮崎空港にて

今季のトライアスロンは終了しましたが
11/10アベノハルカススカイラン
(1610段の階段駆け上がり)へ行きます。
一昨年に続き2回目です。

続きを読む
posted by iba at 23:06| Comment(0) | トライアスロン

2019年10月03日

第9回グリーンパークトライアスロンin 加西 2019

加西市って何処にあるかご存知ですか? 
分からない人が多いと思います。
分からない人は「かさいし」で検索して
ください。

ローカル大会ですが、JTUチャンピオンで
ランキングシリーズの顔、島根県の松本
選手、岡山県の高橋選手も参戦です。

MBSアナウンサーの山中真アナウンサーが
出場予定でしたが故障の為DNS。
でも大会を盛り上げていただきました。
同時に来年の出場も宣言されていました。

IMG_7422.JPG
右は二度のオリンピック出場の
西内さんです。
山中アナのコーチです。

スタート前にほ中学時代友人2名が
サプライズ応援に駆けつけてくれました。


パラトライアスロンの開催も西日本では
この大会だけです。

表彰も総合と年代別表彰も10歳刻みです。

天候も2〜3日前まで降水確率70%位
だったのが一転曇りのち晴れで最高の
トライアスロン日和になりました。

スイム  750m x 2 周回
ため池を三角形に泳ぎます。

透明度は良く無いけれど味も匂いもなく
美味しい水です。

第一ブイ手前まで高橋選手と隣り合わせの
ようでしたがブイを回るころには見失い、
その後はマイペース。

この辺りまでがやや泳ぎにくいのですが
その後は、手や顔に付いた水草が気に
なるものの昨年よりブイも大きくなり
泳ぎやすくなっていました。

IMG_7437.JPG



26分02秒 26位

バイク   10km x 4周回  40km 
 オールフラットです。

半周も行かないうちにトップと
すれ違います。

その後一周回の間にバイクの早い選手達が
私を追い抜いていきます。

4周回目残り700m辺りで5分後スタートの
松本選手が追いついてきます。
その時、集団が詰まってきてほとんど
停止状態です。

落車事故あったようですが、ゴール手前
では正常に戻っており無事バイクゴール。

この時点ではエイジ一位のようです
1時間17分59秒 70位  通過 46位 

ラン  2.5km x 4周回  10km
   2つの池を回ります。

足の故障も治り体調も問題ないのですが
ランが 5分半/Kmが精一杯。

IMG_7439.JPG
来春までには何とかしようとか考えながら
ゴールイン

57分02秒 131位
総合 2時間41分03秒 67位
年代別 60才以上 3位
IMG_7453.JPG


IMG_7447.jpg

IMG_7443.jpg

3位の景品 地サイダー

大会関係者、スタッフ、ボラン
ティアの皆さん、声援いただいた
皆さん ありがとうございました。

次戦は11月27日 宮崎エイジ選手権です。

応援よろしくお願いします。




posted by iba at 20:54| トライアスロン

2019年09月26日

大阪城トライアスロン 2019

三回目になる大阪城トライアスロン。
お濠を泳ぎます!!
IMG_7377.JPG
事前の天気予報では雨でしたが当日は
曇りのち晴れ。
ただ表彰式が始まる頃から急に雨になり
終わる頃には止んでいました。

今回は宮崎で開催の選手権の部に参加する
には3ポイント足らないので最低でも5位
以内完走必要です。

昨シーズンからの故障も完治している
のですが、いまだにバイクとランの
レベルが落ちたままで上がってきません。

気になる選手は同カテゴリーでは熊本の
原田選手を筆頭に大阪の石橋選手、
徳島の宝窪選手、エイジカテゴリーは上
ですが永倉選手等が気になる存在です。

スタートは11:30 第3ウエーブ(50歳以上男子)

スイム  750m x 2 周回   1500m. 
   
透明度は良くないのですが、においも
味も無く 問題無さそうです。

今回もスタート時に最前列に付けず
抜け出す事が出来ず10m位進んだ所
で顎と首に強烈なキック!

平泳ぎによるものと思われこれだけ
まともに喰らったのは初めてです。
幸いダメージは余り無かったのですが150mぐらいまで辛抱することに
第一コーナーでは大分泳ぎ安くなり
一周目無事終了。
10人弱程度が前にいそうです。
最後のコーナーを回った時に、5分後
スタートの女子選手が追いついてきます。

平下選手です。
初めてレース中に見る事が出来、異次元の
速さにビックリ!!
でも見る事ができ嬉しかったです。

ウエーブ7〜8番目程でスイムアップ

26分20秒 64位 
スタート時の出遅れが
響き今迄にない悪さです。


バイク  約6.2km x 6周回 37km
公園内と玉造筋をいったっり来たり。

最初の折り返しで石橋選手、永倉選手との
差は2分半。
一周ごとに約20秒づつ差が縮んでいます。

公園内や出入り口でトラブルが無い様に
気をつけてかろうじて、40秒差でバイクゴール。
IMG_7385.JPG



1時間19分53秒  139位 
スプリット 1時間46分 99位

ラン  4周回  10km

折り返しが7回あるので常に差が分かる
コースです。

石橋選手との差は約1分。
3回 目の折り返しを過ぎた辺りで
永倉選手に追い抜かれますが、全く付いて
いけない速さです。
石橋選手との差は少しづつ開いている様
なので無理せず現状維持に努めます。

IMG_7401.jpg

先月の京都丹波大会と同じ展開になり
そのまま逃げ切りゴールイン。

52分50秒  217位 
総合143位  エイジ65-69  1位

これでようやく宮崎エイジ選手権の部に
出場できるようになったのと、久しぶりに
2大会連続の一位になれました

今回は2組の友人ご夫婦が揃っての
表彰台でした。素晴らしいです!!

大会関係者、ボランティアの皆さん、応援
して頂いた皆さんありがとうございます。

次戦は 9月29日 加西トライアスロン
地元兵庫の大会で一番好きな大会です。

ひき続き応援よろしくお願いします。

IMG_7383.JPG

IMG_7398.JPG

IMG_7395.JPG

IMG_7398.JPG

IMG_7387.JPG



posted by iba at 17:22| Comment(0) | トライアスロン

2019年08月28日

京都丹波トライアスロン2019

8月25日 京都丹波トライアスロンに
行ってきました。

今回は宮崎のエイジ選手権に出場する
には最低でも2位にならなければ、
その可能性が低くなってしまうので
背水の陣で臨みます。

チームメイトの岸本陽介選手との
参戦です。

先月の長良川大会はスイムがランに、
その前のヒワサ大会ではスイムが
半分になり、残念な結果に終わって
いただけに、何としても失敗レース
だけはしたくありません。

昨シーズンの2度の肉離れもようやく
違和感もなく治ったのですが、再発を
防ぐため安全にし過ぎたため心肺機能、
筋力、ともに落ち過ぎ全く
バイク&ランは全くダメな状態です。


スイム
 250m折り返し X 3周回  1500m

コースは桂川です。
昨年は直線の豪雨の為スイム中止
でしたが今年も流れも速く濁流です。
中止や、距離短縮にならなかった
だけに、5戦目ですが気持ちは
今季初戦です。

各2分差の第3ウエーブ
(白キャップ)です。

スタート位置に行くのが遅れモタモタ
しているうちにスタートです。

いつもは最前列にいるのですが、200m
辺りでもなかなか抜け出せず透明度が
悪いせいかいつもよりまっすぐに
泳げてない選手が多く泳ぎにくい状態が
続きます。

最初の折り返しになるとさらに前の
ウエーブの選手もいるのでさらに泳ぎ
づらい状態が続きます。

3周回目の折り返しを過ぎたころからは
泳ぎやすくなりスイムゴール!

上りと下りで250mで約1分半違います


IMG_7282.jpg
30分42秒  50位 
 ウエーブトップはダメでした。


バイク 
5Km折り返し X 4周回  40Km

行きと帰りが全く同じでほぼフラットで
差が出にくいコースです。

道幅も広くすれ違いでライバルや仲間
との位置が確認しやすく私の好きな
タイプのコースです。

最初の折り返しをでは、チームメイトの
岸本選手、今回の一位争いになる
石橋選手が3〜4分差で迫っています。

この差を折り返し地点でで確認して
おく必要があります。

石橋選手との差は一周毎に確実にす
れ違う位置が近づいてきます。

私のランもバイクも調子が上がって
ないので、最後まで逃げ切れるかは、
分かりませんが逃げるのみです。

石橋選手は5位以上なら宮崎の選手権出場が
確定しますが、私は大阪城でそこそこの
成績が必要なので、少しでもここで
ポイントを稼いでおかなくては
なりません。

最後のすれ違いでも2分ほどの差は
有りそうです。

後はラン勝負に託してバイクゴール!!

IMG_7272.JPG


1時間16分12秒 124位 
スプリット65位

ラン 
1.25km折り返し X 4周回 10Km

バイクコース同様折り返しで差が何度も
確認できるコースです。
たくさんのトライアスロン仲間と何度も
すれ違うのがいいですね。

岸本選手がスタート直後に抜いて
いきますが、それほど差は開かないので
何とか大きくペースを落とさずに
すみそうです。

ラン得意な選手がどんどん抜いていき
ますが、石橋選手との差と故障の再発
だけに注意して5分半/Km程度の
ペースで距離を刻んでいきます。      
各折り返しではやはり少しづつは差が
詰まっていますが、逃げ切れそう
なのでリスクを冒さず、水分や塩分の
補給を確実にしていきます。

よく周回ミスをするので、勘違いしない
ようにだけ気を付けてゴールイン!

 54分13秒 208位 

 総合 2時間41分07秒 112位  
 エイジ65-69 1位

IMG_7285.jpg


実に435日ぶりの一位です。

5kgのコメが重かった!!

 強豪選手が出ていなかったのと、川の
流れが速くスイムでの差が大きかった
ので何とか勝てた次第です。

主催者の皆さん、スタッフ、ボラン
ティア、多くの応援の皆さんありが
とうございました。


高等学校トライアスロン選手権や
スプリントで若い選手の力強い戦いに
感銘を受けました。

次戦は9月22日大阪城トライアスロンです。
ここで3ポイント以上獲得で宮崎の
選手権に出場可能になります。

台風などで中止にならないことを
祈ってます。

引き続き応援お願いします。

今回家庭菜園で作っているブドウを
少しだけですが、過去の大会で迷惑を
かけた選手や応援してくれてる人に
持ってきました。

IMG_7273.JPG









タグ:京都丹波
posted by iba at 22:01| Comment(0) | トライアスロン

2019年07月21日

ひわさウミガメトライアスロン2019

徳島県美波町ウミガメが来る町で行われる

「ひわさウミガメトライアスロン」へ行っ
てきました。。

2004年から連続16回目の出場です。

故障からの復帰三戦目です。

一年以上表彰台から遠ざかっているので、
ボチボチ表彰台の端にでも上がらなければ
終わった人になってしまいそうです。

今回は元競泳選手(バタフライ)でオリン
ピックメダリストの「松田丈志」さんが
参加です。
IMG_7192.JPG







一週間前から天気予報は雨の予報で開催中止
の可能性もありました。

しかし当日はかろうじて雨も上がりスイムと
バイクの距離が短縮という形で開催されました。

距離が短縮でも3種目とも有るので通常の
ポイントが付くようです。
それを聞いて一安心!!

 でもスイムが得意、バイクがまあまあ、
ランがダメな私にとっては致命的な
距離設定

ですが最低でも3位にはなっておかないと

未だに3ポイントしか獲得してないので
宮崎の日本選手権に行けなくなって
しまいます。

気になる選手はランが早い西田選手。

5年に一度同じカテゴリーになる
バランスの取れた石飛選手です。


スイム 750m  

 スタートは55才以上の男子だけの
第3ウエーブ(青キャップ)です。

2分間隔のスタートなので、すぐに前の
ウエーブの選手に追いつきます。

約200mほど行ったところで、左腕が
他の選手にあたり着けていたガーミンの
時計935が衝撃で外れ海の底へ沈んで
いきました。

一年半ほど前に¥58,000位はした
はずです。

探せる状況でもないので、諦め前に進む
しかありません。

750mなので選手のばらけ具合も少なく浜に
上がった時もいつもより選手が密集して
います。


 16分13秒  85位

バイク  17Km

トランジションの時すぐ前にはチーム員で
同行の岸本選手がコースに向かってます。

コースに出てすぐに見えなくなっていきます。

500mほど行ったところで徳島市在住で
学生時代の友人U君が、応援に来て
くれています。

距離が40Kmから17kmに相当短くなった
ので登りでは加減をせず順位を上げていきます。

しかし下りはいつものように抜かれっぱなし


 45分29秒 226位 スプリット156位

 バイクラックにはすでに一台かけて
有ったのですが多分リタイヤの選手で
あろうと勝手に決めつけてランスタートです。

最初から全力で行くのですが、時計を
紛失したので実際のペースが分かりません。

1km辺りで、走力の分かっており私より速い、
チームBRAVEの柳本選手を発見。

トランジションエリアでは確認していた
のですが、見える範囲なので離されない
程度に頑張ることにしよう!

すると3km辺りで追いつきしばらく並走。
その間に上位選手何人かとすれ違ったの
ですが、BRAVE出身の藤井選手とすれ
違った時から柳本選手のペースがこころなしか
上がりついていけません。

折り返しまでは西田選手も石飛選手も
見当たらないので現時点では一位を
確信し、折り返して出会うまでの
差を確認する必要があります。

でも時計が無いので歩数を数えて
おくしかありません。
しかし100歩も行かないうちに西田選手、
さらに100歩ほどで石飛選手を発見!

残り5km西田選手は無理でも石飛選手
からは逃げ切らなければならないので、
残り1.5Kmまでは後ろを振り向かない
覚悟で逃げを図りいます。

6Kmで予想通り西田選手が抜いてい
きます。

走力の差ははっきりしているので、後は
石飛選手との差を維持するだけです。

残り1km辺りからは何度か後ろを見る
のですが姿が確認できないので、慎重に
ゴールを目指します。

最後は笑顔というよりニヤッとして
ゴールイン!!

 ラン 52分21秒 327位   
 今の私にはほぼ想定通りです。

総合 1時間54分04秒 209位
年代別65-69  2位
IMG_7195.JPG



 



タイムも順位もよくないのですがこの
一年間を思うと復活への兆しが見えてきた
瞬間でした.

大会関係者の皆さん美波町の皆さん、
応援していただいた皆さん、
ありがとうございました。
IMG_7198.JPG







IMG_7197.JPG








次戦は7月27日、長良川大会です。
応援よろしくお願いします。

タグ:大会
posted by iba at 20:37| Comment(0) | トライアスロン