2015年07月13日

2015舞洲トライアスロン

7月12日舞洲トライアスロンに行って来ました。
JTUエイジランキングシリーズでポイントの高い
4大会の一つです。

今年のランキング1位はほぼ決まっているのですが、
今日の結果で早く確定させたいものです。

2010年から連続の6度の参加です。
はじめの頃は、前日に行っていたのですが、
今日は日帰りです。

今シーズン5戦目で5連続年代別一位を目指します。
すでにポイントの高い大会でポイントを稼いでおり
今シーズンの年代別一位はほぼ確定していますが、
舞洲で確定させたいです。
IMG_0660.JPG

他の選手とゼッケン番号の
色が違うので、間違って
前回のを付けたのかと
一瞬慌てました

実は昨年度のエイジ
ランキング一位の選手は
色が違っていました。



ライバル選手が不参加なので、翌週のヒワサ大会に
ダメージを残したくありません。

天候 朝から晴れで暑くなりそうです。

スイム 15.km 750m x 2週回

第4ウエーブで55歳以上の男子とすべての女子の
グループです。

最近は年代別によるウェーブ分けが多くなっています。

良い点は
1)バトルがあまりなくすぐに抜け出せる。
2)女子でスイムが速い選手と一緒の時はペース
  メーカーにしたりドラフティングすることにより
   実力以上に早く泳げます。
3)女子のキャップの色が違い時が一番好都合です。

悪い点
1)前のウエーブの遅い選手にすぐに追いつく為、
 かき分けていくのでロスを生じる。
2)そういった選手は泳ぎが下手なため必要以上に
  手足があたったり、平泳ぎの足で
蹴られたりします。

今回も予想通りスイムの早い数名の女子選手が先行していきます。

水質も良くないのですが、6度目ともなると余り気にならなくなっています。

可もなく不可もなくスイムゴール 
27分20秒 84位
 
順位は不満ですが55歳以上の男子の中ではトップで上がっているので
よしとします。(リザルトで確認)


バイク 40KM  5.6kmx6周回 + 2.4Km

舞洲と夢洲を結ぶ夢舞大橋を12回登ったり下ったり追い越し禁止区域があったりする
やっかいなコースです。

昨年雨の中落車事故でレースが中断したこともあり、橋のつなぎ目にゴムマットが引いてあるのですが、
それを押さえている重しのようなものが有り道の端から1m位の所にあるのでそれに乗り上げて落車する人が
数名あったみたいです。

それ以外は周回ミスやその他のリスクを避け安全第一で、無事バイクゴール。
1時間17分53秒 121位 通過96位

ラン 10Km  5kmx2週回
折り返しで2〜3回はエイジ別の順位確認が出来るのですが、その限りでは充分差がありそうです。
エイドで塩タブなどを貰いながら、あつさにつよくなっているようなつもりになってゴールイン。
実際は余り暑さに強くはなってませんでした。
50分21秒 151位
 2時間35分34秒  総合109位 
 年代別一位

総合順位は良くなかったのですが、開幕から無傷の5連勝!!
満足しておきます。

これで今シーズンのエイジランキングポイント一位が確定し、
来年のメキシコ世界選手権公費派遣が確定しました。

関係者の皆さん、応援をしていただいた皆さん有り難うございました。


次戦は7月19日 ヒワサうみがめトライアスロンです。
天候が気がかりですが引き続き応援よろしくお願いします
タグ:大会
posted by iba at 22:10| Comment(2) | トライアスロン

2015年06月22日

2015蒲郡オレンジトライアスロン

 21日はJTUランキングシリーズだけで4戦開催されました。
その中で「蒲郡オレンジトライアスロン」に行って来ました。

チーム員の相原さんと同行です。

 今年からポイントの形態が変わり4大会(横浜、蒲郡、
舞洲、村上)が一番ポイントが高くなったので、蒲郡に
参戦決定しました。

 目標は、あくまでも65〜69歳での一位です。

 私の年代以外も、来年のメキシコ公費派遣を賭け
熾烈な争うが予想されます。

スイム 1.5Km 
 私のウエーブは60歳以上と、学生を含め女子全員。
私にとっては一番好ましい条件です。

 スイムの早い女子が10人ぐらいは居そうなので、
その辺りについて行けば自然と良いタイムになります。

 100m辺りですでに周りや前はスイムの早い
女子選手が10名近くいます。

 私以外の男子選手に差を付けるのには絶好の
状態です。

 300m辺りでは、早い女子選手はずっと前に
いっていますが周りには数名の選手が居るので
ペースメーカーにしてついて行きます。

 前とのウエーブ差が5分なので混雑もさほど無く
思い通りの展開でスイムアップ。

 26分11秒  51位

 バイク  約10km x 4周回
約100回近い90度や180度の曲がり角。
スイムスタート時には少し晴れ間も見えた天気が
一転はげしい雨模様になり、非常に危険な
路面状況なっています。

 同じエイジのライバル村中選手にはスイムで
5分はあけているはずなので、自分を信じ
安全運転に徹します。

 5歳下クラスの選手2人が25〜30Kmで私を抜いて
いきます。

2人の力を知っているので、これは織り込み済みです。

あくまでもマイペースを貫きます。
あくまでも狙うは65〜69歳での一位です。

悪コンディションの中無事バイクゴール!!

 1時間19分21秒  121位  76位通過

ラン 10Km  約3.3km x 3週回

 折り返し地点が多いので、ライバル選手との差を
確認するのですがなかなか見つかりません。
でも2分以上は間違いなくあいているようです。

 雨も気にならない程度の状態ですが、路面は
いたる処に水たまり。
 足を取られ転倒する選手も見受けられます。

 余り前ばかり見ていると足下が狂います。

 ゴール付近の折り返しで、上田藍さん
(オリンピック選手で、応援のため私服で観戦)から 
  イバさ〜ん!!  と言う声援を受け
気分を良くして最終回へ向かいます。

 バイクで私を抜いていった選手との差も
3分程度なので年代別一位を確信しながら
ゴールイン!!

 ラン 47分237秒 195位
合計  2時間32分59秒  99位
 年代別 一位

今回もスイムの差で逃げ切るといったパターンでしたが
自分のレースが出来たという感じです。
改めてスイムの重要さを痛感しました。

 これで今シーズンのランキング一位(来年の
メキシコ世界選手権公費派遣)に大きく近づきました。

 大会関係者、ボランティアの皆さん、
それに応援していただいた方々
有り難うございました。

 次戦は7月12日舞洲(大阪)です。
引き続き応援よろしくお願いします。

IMG_0747s.jpg
65〜69歳表彰者とプレゼンターの
古谷選手(今回アジアカップ初優勝)です。





















posted by iba at 14:48| Comment(2) | トライアスロン

2015年05月26日

2015石垣島トライアスロン

「横浜大会」の余韻も抜け切らぬまま
JTUランキングシリーズ3戦目

「石垣島大会」です。
石垣島へ来るのは5回目ですが、昨年は中止になり
今回はコースも一新、新たなスタートです。

時期も梅雨に入り、金曜日に現地入りしてからは、
雨ばかりです。
しかも例年の梅雨より雨の降りかたが多いようです。
テンションも一向に上がりません。

前日は雨の中、レンタカーでコースの下見です。
20km〜30kmの辺りはアップダウンと急カーブの
連続、しかも激しい雨と水溜まり。
気持ちは滅入るばかりです。

今回からユニフォームに姫路市の市蝶
ジャコウアゲハをプリントしました。
石垣2015-02.jpg

大会当日
 
AM5:00 雨は降ってないけれどどんよりした曇り空、
会場までやく4km、そこへ行くまでだけでも雨で
無くて良かった!

最初スイムが2周回から1周回に変更がありその後
スイム中止の発表。
会場にはため息が有りましたが、安全第一という事で
仕方がありません。

今までほとんどの大会においてスイムの差で
逃げ切って来ました。
この2ヶ月ラン練習の成果を確認するいいチャンスです。

バイク
最終的にバイクも28kmに短縮で15人程づつ
30秒間隔のスタートです。
この大会は、年齢の高い方からのウエーブスタートでした。
最初は皆レースナンバー順かと思って並んでおり、
私も前の方にいました。

実際はアンクルバンドによる計測なので、
スタート時間はどうでも良かったのです。
そんな事情で前の方は私を含め殆ど高齢者です。

ライバルは2人です。
山本選手、佐藤選手です。
二人には昨年の村上大会で負けているので
連敗だけはしたくありません。

距離も短いのでいつも以上に最初から全力です。
2km程のところで同時にスタートした山本選手が
抜いて行きます。

雨も無く路面も乾いており少し登りではあるものの
高速コースなのでなかなか差がつきません。

最後の交差点を曲がった後は向かい風。
後はラン勝負に賭けるしかありません。

ランは苦手としていますが、今シーズンは好調です。
殆ど同時にバイクゴール。

50分21秒 61位

ラン 10Km 5km1往復 
山本選手と殆ど同時にスタートです。
後半に自身がないので最初から全力で行きます。
DSC_9961.jpg

スタート直後に佐藤宇選手がバイクゴ−ルするの
を確認したのですが、スター時間の差が分から
ないのすが、殆ど差がないはずです。
JTUエイジランキングでの区分けは違うのですが
大会の表彰は60歳以上で同じです。

後ろを振り向きたい気持ちを抑えてひたすら
前へ、前へ。

2km辺りで福元テツローさんが後ろから、声をかけながら
追い抜いて行きます。

折り返しが近づき、近くのピーチパイン販売の
お姉さんが応援に来ているかな?

折り返し後ペースを上げようとすると、わずかですが
痙攣が起きてきます。

先週と比べるとましなので、出来るだけペースを落とさずに
ゴールに向かいます。

ゴールは公園内のグランドでトラックを約1周します。
後ろを確認しながらハイな気分でゴールイン!!

ラン 47分29秒 68位 合計1時間37分50秒 総合59位


今期3連勝!!

表彰s.jpg
60代男女入賞者です。

今まではランでかなり順位を下げるのですが、今シーズンは
余り下がっていません。

ランのフォーム改造(そんなたいそうなもの
ではないのです)が功を奏してるのと、ラン勝負に
なる展開が影響しているようです。

次戦は4週間後「蒲郡大会」です。

応援有り難うございました。






タグ:大会
posted by iba at 13:54| Comment(0) | トライアスロン

2015年05月22日

2015 横浜大会 ラン

ラン
 4Km 2.5周回 でほとんどフラットです。
5回ほど折り返しでライバルの位置を確認出来ます。

 バイク終了時の痙攣で不安があったので、出足はいつもよりは抑え気味でのスタートです。

少しは知ってから靴のひもを締めてないのに気がついたのですが、止まってしゃがむと痙攣が再発する可能性が有ったのですが、
そのまま「いってまえ」

最初の折り返しでライバルの位置を確認したのですが見つけられず。
最低2分は開いていそうですが、とりあえずペースを落とさないようにするだけです。

3Kmあたりで村中選手を発見。
5分近くはあいている模様。

次の回に確認しても差は余り代わりません。

さらに後方に堀野選手らしき選手を発見したのですが確信が持てなかったのでそのまペースを守ります。
足は痛いのと、少し痙攣気味なのでムリは出来ません。
最後の折り返しで確認で一位はほぼ確定したようです。

ゴール後待っていると、村中選手、堀野選手がゴールイン。
二人の調子が良くなかったにしても嬉しい一勝です。

44分41秒   297位   総合 159位

お陰様で、豊崎(とみぐすく)大会に続き2戦続けていい結果になりました。
皆さんありがとうございました。

村中さんとは、この後蒲郡、日和佐と対戦が控えています。
私はその前に5月24日 石垣島大会が有ります。

<PS> 帰りに新横浜でドクターイエローを、見ました。
良いことが有った後でしたが、また良いことが有りますように!!



posted by iba at 17:59| Comment(0) | トライアスロン

2015年05月20日

2015横浜大会  バイクまで

 バイク
6.6kmの6周回でほとんどフラットです。
折り返しはすれ違う箇所が多いのでライバルとの差を
調べるのですがすぐ近くには見つかりません。

と言うことでペースが落ちないようにだけ気をつけます。
5周回目あたりから少し足が痙攣ぎみになり少し
ペースダウン。
ライバルとは2分以上はあいているようです。
DSCF0153ss.jpg
6週回の終わりでゴールへ向かう時に最終ラインとを
降車ラインと勘違いし止まって降りてしまい、しかも
慌てていたので両足ともはげしい痙攣。

やってしまったと思ったのですが再びバイクに
またがって残り100mほどをごまかしながら
かろうじてゴールイン。

バイクラックへ行くのも一苦労。

とにかく行くしかないのでごまかしながら
ランスタートです。

 1時間18分06秒 202位 通過 126位
posted by iba at 12:28| Comment(0) | トライアスロン

2015年05月19日

2015横浜大会 スイムまで

横浜大会は51.5km(スタンダード)では一番の
人気大会になっています。
ポイントランキングシリーズでも外せない大会で
各年代とも有力選手の多くが参戦します。

私は2013年から3度目です。
前日にはパラトライアスロン エリ−ト男女
エリ−ト男女が行われました。

私は翌日のスタンダードに出場です。

目標は65から69歳で年代別一位です。
ライバルは昨年度のアイアンマンランキング世界一の
村中選手、私が過去2戦2敗の堀野選手です。
この二人のアイアンマンの強豪に勝ってこそ値打ちが
あります。


天候は申し分なく良い天気
スイム 750mx2周回  1.5km
バイク 6.6Km x6周回  40Km
ラン  4Km x 2周回 +2Km  10Km

スイム
私のウエーブは55歳以上男子(121名)です。
3週間前の豊崎大会では50歳以上の男子の中で
スイムはトップで上がれたのですが、今回は
各エイジとも有力選手が集まっているのでそう簡単に
いきそうにはありません。

スタートから100mぐらいまでは少しバトル状態
です。
200mぐらいで周りは3人ぐらい。
300mあたりでは2人。
350mでついに先頭に。
もう一人もぴったり後に付いてきます。
750mで一旦桟橋に上がった時に一人を除いて、
後続とはだいぶ差があるようです。

せっかくなのでこのウエーブでのスイムトップは獲って
おこう。

2周目もほぼトップで最後50mほどはペースを上げて
トップでスイムアップ

「昨年度のエイジチャンピオンがトップで上がってきま
した」
MCの声が聞こえてくるとテンションも上がってきます。

65歳の爺さん、しかもスイム出身者でもなくほとん
ど一人で練習しています。
しかも一度に100m以上は連続して泳がない。
まして1500mはレースの時だけでプールでは
20年以上泳いでいません。

こんな私がが55歳以上の中でスイムトップで
上がるって、「みんなどんな練習しているの?」
なんて思いながらトランジションまでの300mラン。

26分08秒 9
1位

堀野選手、村中選手とは 約5分差
DSCF0151s.jpg
posted by iba at 21:37| Comment(0) | トライアスロン

2015年04月29日

とみぐすく2015 豊崎トライアスロン in とみぐすく2015 豊崎トライアスロン in 2015豊崎トライアスロンinとみぐすく レース篇

今年もJTUエイジランキングシリーズが開幕しました。

とみぐすくって何ですノン?
漢字で書くと豊見城 城をぐすくと言うそうです。
那覇空港から来るまで20分足らずにある豊崎海浜公園を中心とした
アクセスが非常に良い大会です。

今回JTUエイジランキングでのポイント一位14を
獲るために参加したのですが、大会でのエイジ部門表彰は10歳刻みです。
60以上での一位も獲っておきたいところです。
60代で千葉県の長谷川選手が負けられない相手です。

今回は10数年ぶりに家内と娘の応援があります。
無様な姿をさらすわけには行きません。

スイム1.5km バイク40km ラン10km
天候は晴れ気温20〜25℃ぐらいで最高のコンディションです。

スイム 1.5km 750m x 2 周回
スタートは弟3ウエーブで50才以上の男子(ミドリのキャップ)と
すべての女子(ピンクのキャップ)です。
あわよくばミドリのキャップ一番で上がりたいものです。

ウエーブ間隔は2分。

スタート直後は周りにミドリのキャップが10名位はいて、なかなか前へ出られません。
女子一人が抜け出しているのが分かります。

300m位行くとミドリのキャップはほとんどいなくなり、50以上男子の中では
トップのようです。

750mで一度浜に上がり2周目に入る時にはミドリのキャップでは一番を確認。

スイムの練習が余り出来ていなかった割には良いスタートが切れています。

そのまま2周目も終わりピンクのキャップの中では一位でスイムゴール。
浜で家族の声援を受けて、トランジション。
26分08秒 26位

バイク 40Km 5kmx8周回
オールフラットで路の幅も広いので思っていたより走りやすいコースです。
豊崎01s.jpg
今回はホイールを
カーボン + チューブラーに
変更したので少し楽しみです。

2周目で長谷川選手に追いつかれたのですが、逃げても逃げても逃げ切れず
後半は、成り行き任せで最終回。

少し気がゆるんだのか、30秒程度の差でバイクゴール。
でも感覚的には後半の失速は最小限に抑えられまずまずという感じ。

1時間17分44秒 44位 通過35位

ラン 10km  2.5Km x 4周回
差を確認しやすいコースしかもオールフラット。
豊崎02s.jpg








2周目の終わりで前との差が2分強。
足も少し痙攣気味でごまかしながら進んでいる時に、エイドで
水を飲んだ後、前を見ると実力的に余り差のない大石選手が、
私を抜いていくのを発見。

このままではポイントランキング上は14で問題なくても次に繋がらないので
一か八かペースを上げてみることに。
心拍数は145BPMから153BPMに上昇。
スピードも10〜15秒/Km程は上がっているはずです。
持ちこたえれば、長谷川選手にも追いつく可能性は大です。

一度抜き返した大石選手には抜き返されたものの、3周目の終わりには
長谷川選手をとらえることが出来終わってみると約1分差でのゴールイン。

47分25秒 60位  総合2時間31分17秒 40位

60代以上の部で一位
後半ペースが上がったのは今回が初めてです。
豊崎04s.jpg
各年代一位の表彰です。
豊崎07s.jpg


今回は左胸に
チームロゴ「しらさぎ」を
入れての参戦です。





応援有り難うございました。

次戦は5月17日横浜トライアスロン、大一番です。








タグ:大会
posted by iba at 22:40| Comment(0) | トライアスロン

2015年03月14日

JTUエイジランキング2014

今年も、2014年JTUエイジランキング1位の表彰状が届きました。
こういったものを頂くのはトライアスロン以外では記憶に
ありません。
チャンプ2015s.jpg









もし他のスポーツをしていても、エイジランキング1位と
言うようなことは、絶対に無いと思います。

よく飽きずに30年近く続けられたものです。
皆さんのおかげです。

有り難うございます。
来年の今頃に、もう一枚届くよう頑張ります。
posted by iba at 19:59| Comment(0) | トライアスロン

2015年02月22日

姫路城マラソン2015-当日

朝3:00頃、目が覚めると雨の音がしています。
午前中は大丈夫と思っていたのですが、あきらめて
布団に潜り込む。

6:00 起床 雨はほとんど上がっています。
7:30頃に家を出ても十分間に合います。

スタート前からの雨もたいしたことが無く、被っていた
簡易ビニール合羽も、2km行くまでにポケットに
ねじ込み何とかゴールまでは、天気は持ちそう。

スタート直後の混雑もあまりなく、5'10"/分で
25km辺りまでは何とか行きたかったので、
ほぼそのペースは維持出来ています。

そこから先は成り行き任せ。
と言ってもペースを上げるのでなく、落ちるがままに
です。

沿道の声援も多く、折り返し辺りでも想像以上の
声援です。

25kmを過ぎた辺りからは予定通り足が痛くて、
明らかに抜かれていく方が多い状態です。
これからが思いやられます。

足は痛いのですが30km辺りでも
5'30"〜6'00"は維持出来ているようなので、
もう少し我慢を決め込むことに。

37kmで応援の岸本ファミリーに声援を受け
ついでに写真撮影!!
その時は完全に足に来てました。
姫路城マラソン05.JPG
残り約5km!!

後は、足にダメージを残さないことだけを考えて
ゴールに向かいます。

姫路城マラソン03.JPGゴール手前
約400m

サンテレビ
からのカット



ここから先は何十回と無く通った路です。

追手門を向けてゴールイン
姫路城マラソン04.JPG

想定内のタイムで
まずは納得&満足です。

トイレも沿道に十分あり
ました。



ゴール後ボランティアの爺さんに
思い切り握手とお礼を言いました。

後で気づいたのですが、県知事でした。

地元と言うことを割り引いても非常に良い大会で、
是非第二回大会も出てみたいです。

余り良いというと来年の抽選での当落に響くので
この辺にしておきます。

関係者の皆さん、ありがとうございました。
沿道やFBで応援頂いた方々有り難うございました。
<PS>
姫路城マラソン06.JPG今回の成果です。






posted by iba at 21:29| Comment(0) | トライアスロン

2015年02月21日

世界遺産姫路城マラソン2015

明日9:00スタートです。

今回は練習は余り出来てないのですが、待ち遠しかったです。

スタート地点までは自宅から約2Kmママチャリで7〜8分です。

http://r.jognote.com/himeji-marathon2015/
レースNoは11485です。

JTUのチャンピオンジャージで走るつもりです。
姫路城マラソン01.JPG
 3:45〜3:59ぐらいでゴール出来たらと思っています。
速報は下記サイトでレースNoを入れると5Km毎、中間点、フィニッシュの
タイムが表示されます。

天気の方は余り期待出来ません.

第一回目なので成功裏に終わることを祈っています。

posted by iba at 18:24| Comment(0) | トライアスロン

2015年02月04日

チャンピオンジャージ2014

今日2014年度のJTUエイジランキング1位の、
チャンピオンジャージが届けられました。
2014ジャージ.JPG
2010年度に初めて頂いてから4着目です。

嬉しい限りです。

これも皆さんのおかげです。

2月22日の「姫路城マラソン2015」は、
これを来て、走るつもりです。
posted by iba at 22:58| Comment(0) | トライアスロン

2014年09月29日

2014村上・笹川流れ国際トライアスロン大会


JTU年間ランキングは1位が確定しているのですが、消化試合に終わらせる気はありません。
スタートリストを見る限り同じエイジに私が負けた選手はいません。
しかしJTUランキングシリーズ最終戦で60〜64才での総仕上げで出場したのですが、
世間は甘くありませんでした。
以下その顛末です。

スイム  1500m   (750m折り返し)
50才以上の男子で5分差毎で第4ウエーブでのスタートです。
最初のコーナー迄はほぼ先頭で出足は好調。
その後一人には離されたのですが、同じ色のキャップの選手にピッタリ付かれたのですが50才前半の選手と思い気にしていませんでした。

しかしその選手は同年代で10数秒差を付けられスイムゴール
25分28秒   81位  

バイク  40km  (20km折り返しの高速コース)

トランジションの時同じ年代らしき選手が先に出て行くのを発見。

5km程の地点で追いつき引き離しにかかったのですが、逆にリード奪われたりして25km辺り迄は激しいせめぎ合いの連続です。

その後、後ろからの集団に飲み込まれるよう集団に後方へ追いやられ、何度か抜け出しを試みるも、体力を消耗させただけ。

残り5kmで完全に置いていかれ、終わってみれば同年代のライバル数人から1分以上遅れ、
練習不足を痛感しながらのバイクゴール。
こんな展開は初めてのの経験です。
1時間12分59秒   109位  通過 87位

ラン 10km   (後半約2kmを2周半、その後ゴール)

スタート直後の折り返しで位置を確認すると約1分半。
とにかく先行するライバルたちを追うだけです。

見えない前を追うのですが一行に追いつく気配はありません。
でも諦めるわけには行きません。
このままでは4位以下。
でも足は痙攣直前。
差は詰まること無く更に開いて5位でゴール

ラン  47分29秒  223位
総合  2時間25分56秒    114位
年代別   5位

残念な結果に終わりましたが、来シーズンに向けていい薬になりました。
ご声援ありがとうございました。

posted by iba at 21:56| Comment(0) | トライアスロン

2014年09月21日

姫路城マラソン

image.jpg
当選しました。
当たってしまいました、って感じです。
正式名は「世界遺産姫路城マラソン2015」
先ほどローソンで支払いを済ませました。
自宅からスタート地点まで、約2.5km。
 地元の大会なので楽しみです。
posted by iba at 22:12| Comment(0) | トライアスロン

2014年08月04日

長良川トライアスロン2014

 8月3日 弟29回目になる大会です。
私がトライアスロンを始めた年と同じ年に
開催されています。

 先週の「天草大会」に続いて4連チャンの最終です。
思えば長くて、あっという間の4週間でした。

 JTUエイジランキングシリーズの大会で昨年に続いての参戦です。

暑い事では1、2を争う大会です。
ジュニア(U15、U19)の日本選手権も同時開催で、
ジュニア育成のリーダーの中山俊行さんも、こられています。
長良川2014-3s.jpg中山さんはミスタートライアスロンと言われた人で
日本人初のプロトライアスリートです。

右は健康関係の会社
「ヘルシースタイル」代表の
早川さんです。


当日 会場から約20km北に有るJR岐阜羽島駅近くのホテルを
6時45分出発です。
 天候は弱雨。
今回もチームブレイブの八尾さんにお世話になります。
U15、U19の戦いを観たりしながら私自身の準備です。
この中から7年後の東京オリンピック選手が何人かは誕生します。

さあこれから私の番です。
天候は曇り時々弱雨。
願ってもないコンディションです。
(本当は願ってましたけど)

スイム 1.5Km (750m 2周回)
 緩やかに流れる長良川を泳ぎます。
3分間隔の第4ウエーブで赤いスイムキャップです。
50才以上と女子のグループです。
この中では女子の速い選手も含め4,5番手ではあがりたいものです。

 スタートは問題無かったのですが、前のグループに追いついた辺りからは、
赤いキャップの選手が周りにいなく、泳ぎにくい状態が続いていきます。

 水は透明度は高くないのですが、臭いや味は問題有りません。
そうこうしているうちに無事スイムアップ。

 26分39秒 S順42位

バイク  40Km  (10km 4周回)
 河川敷の特設コースで、ほとんど直線の高速コースです。
すぐにスピードメーターが、動作していないのに気づき、
ペースダウンしていても気づくのが遅れてしまうのが心配です。

スタートしてすぐに3分前にスタートのチームガナスの藤原(康)選手に、
追いつきましたが、調子が悪いと言いながらもバイク終了時点では、
2分ほど離されていました。
と言っても私のペースがおそくなっただけみたい。

またチームしらさぎ(私の所属チーム)の藤原(成)選手もスーッと
追い抜いて行きます。

雨も少し降ったり止んだりでたいしたこともなく、暑いよりずっと楽です。

後半少しペースが落ちたものの無難にバイクゴール。

1時間10分35秒 B順81位 通過50位

ラン 10Km 
直線1.25Km折り返しを4周回するので、約7回すれ違います。
その都度ライバルとの位置が初めて分かります。

マークしていた鈴木選手とは2Km地点で約6分。
暑くないので1kmあたり30秒ずつ詰められても逃げ切れます。
すれ違う度に差は縮まって来ますが、残り1km弱で1分ぐらいは有ったので
ほぼ逃げ切れたと思ってゴールイン。

しかしもう一人マークしていなかった選手を見落としていました。
ランスタートで2分しか差が無く何回かすれ違っていたのですが、周回遅れの選手だと思っていました。

ところが一位を狙って千葉県からやってきた長谷川選手が二位でした。
その差は1分もなく、もう少しで捕まるところでした。

一位から三位までは55秒と終わってみれば僅差のレースでした。

44分7秒 R順145位

総合 2時間21分21秒  73位
長良川2014-1.JPG







長良川2014-2s.jpg








今回皆さんの声援のお陰はもちろんなんですが、文字道理 「」が身方をしてくれました。
4週連続最終戦であり、最低3勝はしたかったので結果には満足しています。

次戦は9月28日

村上・笹川流れ国際トライアスロン大会

です。
大会関係者、スタッフ、ボランティアそれに応援の皆様ありがとうございました。

2010年初めて石垣島に行ってから村上でエイジ60〜64も
最後を迎えます。
それにふさわしい内容で締めくくり次のエイジ向けて弾みを付けたいと思います。
タグ:大会
posted by iba at 09:53| Comment(0) | トライアスロン

2014年07月28日

天草トライアスロン2014

第30回になる大会です。
 日本で最初にオリンピックディスタンス
(スイム1.5km バイク40km ラン10km)が
開催された大会で今年で30回を迎えます。
 4週連続の3戦目です。

前々日
 朝10時前の新幹線で熊本まで約3時間
待ち時間と昼食で約1時間
熊本から天草までバスで約2時間余り
到着は午後4時

 その日の夕食は奮発して活魚料理の店へ行くことに。
そこでアルバイトをしているお姉さんに声をかけられます。
「私、大会の日ボランティアをします。
ゴールで、計時用アンクルバンドを外す予定です。」
天草看護学校の学生さんです。
いろんな人に支えられています。

その店で思いがけなく、今人気急上昇の
「近大マグロ」発見!
天草の海で育てられている近畿大学の
完全養殖クロマグロです。
ブランド銘は「天空まぐろ」
天草2014-6.jpg
いつ食べるの?
「今で・・・・」



前日
スタート時刻に合わせてスイム会場へ
天草2014.JPG

女子エリートの
崎本選手と
菊地選手の
スタートダッシュ練習の
お手伝い


午後からは受け付け、開会式、説明会

当日
スイム
1500m  (750m  2周回 )

60歳以上と女子が、第一ウエーブ
50歳台が3分後の、第二ウエーブ
40歳台がさらに3分後と続いて行きます。

今回も女子のスイムが早い選手に食らいつく
コバンザメ作戦
4番目くらいの位置でスイムアップ。

 24分13秒 38位

バイク
40km  20km折り返し

トランジションで2人をパスして、約1分前には女子の
トップ選手がいるはずです。

前後誰もいない状態で距離を進めて行きます。

15km手前で6分後にスタートした40歳台の
選手4人に追い着かれますが、そんなに
離されて行かないのでペースは悪くないはずです。

折り返し少し手前で女子トップを行く中島選手を発見。

ペースを上げようとするのですが、逆に40歳台の選手に
抜かれて行きます。
早くも、暑さと練習不足の影響が

25km辺りで怪我から復帰の福元テツロー選手が
抜いて行きますがエールを送る余裕無し

35kmも行かないうちに同じ年代の原田選手に
抜かれて行きますが、なすすべなし。

何とか最後の坂を越えてバイクゴール

1時間15分46秒  106位  通過 69位


ラン ワンウエイの10kmです。

トランジション中に同じエイジの横田選手が入ってきました。
マークはしていましたが、ここまで詰められているとは

1km持たずに追い付かれます。
暑さで身体が言うことを聞いてくれません。
後は来週にダメージを残さないように、また悔いの
残らない様に、来週は間違いなくもっと暑くなるので
その練習も含めて、悔いのなうように
一歩一歩進めます。

 54分15秒
総合 2時間34分24秒  87位  

天草2014-2.JPG
年代別三位です

すぐ上は
55才〜59才
です。



天草2014-3.JPG
三種類のメダルが
揃いました

金、銀、銅

野球風に言うと
サイクルメダル?





2010年からJTUポイントランキングシリーズに
参戦し24戦目   始めての3位です。

2位が5回それ以外は1位だったのですが、
もうこの年代での参戦も残り2戦。

エイジ60-64で、当初思っていたより戦って来れたのは
皆さんからの声援のたまものです。

8月3日 岐阜県 長良川トライアスロンです。
4連チャンの最後、暑い大会が予想されます。

その次は9月末の村上大会(新潟)です。
よろしくお願いします。

番外篇

1) 熊本駅でまたまた「近大まぐろ」
天草2014-5.JPG 
またまた天草参
「天空まぐろ」
中トロも入っています。
最高でした。


しかも運んでくれたウエイトレスさん曰く
「いつもよりマグロ多く入っています。」
なぜっ? 
野暮なことは聞きません
もしかしてだけど〜〜
もしかしてだけど〜〜

2) 今まで切符をなくすというのはよくあったのですが、
初めて財布をなくしました。
帰りの熊本駅で改札後は有ったのは確かです。
免許証、クレジットカード等大事なもの満載です。

姫路駅の改札口で無いのが分かったときは、
頭マッ白。

約2時間後に新大阪で届けが有ったという連絡が有り、
一安心。
皆さん落とし物や忘れ物のはくれぐれもご注意を!!!
posted by iba at 21:45| Comment(0) | トライアスロン

2014年07月21日

ひわさうみがめトライアスロン2014

7月20日 ひわさうみがめトライアスロン2014( 徳島県海部郡美波町)へ、
行ってきました。
2003年から12回連続で参加しています。
距離はスイム1.5Km、バイク40Km、ラン10Km
いずれも折り返しコースです。
 目標は年代別(60〜64)一位のみです。

今までは第一ウエーブでしたが、今年は60才以上と女子、それにリレーが弟三ウエーブです。
2分差ずつのスタートです。
やはりテンションは下がります。

スイム 
 スイムの早い女子選手に食らいついていく作戦でしたが早い段階で見失い
この作戦は不発です。
 スタート時はほとんどバトルが無く良いのですが、すぐに2分前にスタートした
青いキャップの弟二ウエーブの選手に追いつきます。
かき分け、かき分け追い抜いて行きます。
500mも行くと、白いキャップの弟一ウエーブの選手に追いつき出します。 

 ほとんど単独で泳いでいましたが、水も非常に綺麗でマズマズノ感じでスイムアップ。
その時MCの山本光宏さんが、私を紹介してくれます。
気分を良くしてバイクトランジションに向かいます。

24分52秒 33位/男子


バイク
 ほとんどアップダウンと急カーブのコースです。
景色は良いそうですが、ほとんど観る余裕は有りません。

 周りはほとんど弟一、弟二ウエーブの選手です。
下りでは苦手なので、順位は下がっていきます。
でも登りでは少し順位は上がっていく感じが続きます。

 全体での順位が全然分からないままバイクゴールです。
バイクを降りた時点で、両足のハムストリングが痙攣です。
ユックリ押してバイクラックに向かいます。

 トランジションに同じエイジのバイクがすでに置いてあります。
この時点で同じエイジの選手に負けているはずはないと信じていたので、
リタイヤの選手か、はたまた二位なのか分からないままランスタートに向かいます。

 1時間25分58秒 111位/男子 通過70位

ラン
 スタート直後から、痙攣が波状攻撃してきます。
その都度ペースを落とし、なだめたり、ごまかしたりしながらひたすら我慢です。

 トップの三宅選手に出会った辺りから痙攣も治まり、順位を下げないようにと折り返しコースなので
同じエイジの選手の動向をチェックです。

 やはりバイクが置いてあった選手は見あたりません。
 相当早かったのか、リタイヤなのかまだ分かりません。

 ただ後の選手との差は約1分20秒。
残り5kmで逃げ切るには微妙な差です。
他のライバルの位置もほぼ確認。

 気温も高くなかったのでその後は後ろを気にしながらも淡々とゴールへ向かいます。

とにかく同じエイジには追いつかれることなくゴール!

  48分56秒 143位/男子
余り暑くなかったせいか前半、痙攣に悩まされた割にはここ数年では一番良いランタイムです。

 総合2時間39分47秒  88位/男子

速報が出るまでは一位はだめだと思っていたのですが、結果はエイジ一位でした。

これで年間ランキング一位も少し見えてきました。
2014ヒワサ−2s.jpg
2014ヒワサ−1.JPG
真ん中のが今年の縦です。

 今年はスコールのため表彰式や、阿波踊り、それにお楽しみじゃんけん大会などが、
中止になり残念でした。

一時は半分あきらめていた年代別一位もゲット出来たので満足です。
舞洲に続き2週連続です。
これも皆さんのおかげです。

有り難うございました

<PS>
その1 宿泊した宿は4室だけの小さな旅館ですが、私を除くメンバーは
総合で、一位、六位、九位という超ハイレベルでした。

その2 スタート前の発表で、「東京オリンピックの招致で活躍された滝川クリステルさん・・・・・」
その後に「の弟さんが参加されています」というアナウンスが有りました。


7月27日熊本県 天草トライアスロン
8月3日 岐阜県 長良川トライアスロン
4週続きますが、よろしくお願いします。



posted by iba at 10:47| Comment(0) | トライアスロン

2014年07月14日

舞洲トライアスロン2014

昨日、舞洲トライアスロンへ行って来ました。
JTUエイジランキングシリーズです。
http://www.jtu.or.jp/ranking/2014/age/index.html
天気はあいにくで、バイクの時は結構激しい雨でした。

バイクのコース上で落車事故があり15分ほどの中断が有り、
その間も雨で、中止になるのかどうか分からない状況でした。

しかしその後続行。
事故の影響で、バイクも怖くてスピードをあげることが出来ない状況でした。
バイク走行中も、落車事故の女性の安否や、順位やタイムはどうなるのか
気になりなかなか集中出来ませんでした。

しかし、どんな裁定になっても、悔いの無いように自分に言い聞かせ、
ランに備えて残りの周回を無難に、特に落車に気をつけてバイクゴール。

ランに入る頃には雨もやみ、無事ゴール。

とりあえずは、年代別一位はゲット出来ましたが、怖いバイクでした。

選手でもある、二人のドクターの献身的な救護活動のお陰で、
落車の選手も無事だとの知らせが有りました。

2014舞洲1.JPG

スタッフの皆さん、応援して頂いた皆さん有り難うございます。

7月20日徳島県 ヒワサうみがめトライアスロン
7月27日熊本県 天草トライアスロン
8月3日 岐阜県 長良川トライアスロン
4週続きますが、よろしくお願いします。


posted by iba at 08:43| Comment(0) | トライアスロン

2014年05月19日

横浜トライアスロン2014

 5月18日「横浜トライアスロン2014」へ
行って来ました。

 前日はパラ(障害者の部)と世界トップクラスの
エリート達が2016年リオデジャネイロパラリンピック、
オリンピックに向けての戦いが繰り広げられました。

 女子は、上田 藍選手が2位に入る大活躍。
4位 佐藤 優香 8位 足立 真梨子 。
見ていてワクワクするレースでした。
横浜3-2.jpg






 18日は私が出場するエイジスタンダードです。
スイム1.5km  バイク40km  ラン10km
港横浜の人気スポット山下公園特設コース

狙うは年代別一位です。

スタート前

 同じエイジの選手と挨拶したり写真をとったり、
緊張とリラックスの時間です

横浜2-2.jpg
3年前に敗れた
相手の堀野さん
へのリベンジの
場となりました。

堀野さんとの
2ショット
1,2フィニッシュを
約束する

それにエイジランキング一位を狙う
佐藤 周平さんも出場です。

厳しい戦いが予想されます。

 今回はネットライブが有り、MCの山本光宏さんから
インタビューも受けました。

スイム   1.5km      750mx2周回
水温19℃  水質  綺麗とは言えないですが
大阪の舞洲で鍛えているので問題なし。
先週の南紀白浜が綺麗過ぎ。

 55歳以上の男子ばかり80名のスタートです。
スイムの速い選手が少ないので、遅いペースに
なってしまうのが心配です。
スタートしてすぐに私ともう一人が抜け出し
一周目は殆ど私が先頭で二周目は二番手でスイムゴール。
後続とはかなり差がありそうです。

 26分55秒    105位

バイク   40km    6.65kmx6周回

ライバル選手とは2〜3分は差があるはず。
ひたすら逃げるのみ。
5分後にスタートしたリレーやスイムの早い女子選手に
抜かれるのですが、リレーの上位チームは
バイクの得意な若い選手が多いのですぐに
離されていきます。

コース上は色んなウエーブの選手がいて、
ライバルたちが何処に居るのか全く分かりません。
5周目辺りから筋肉が限界になり無理にペースを
挙げると太腿の前後が痙攣しそうになってきます。
練習不足を痛感しながらバイクフィニッシュ。

1時間17分35秒   177位  122位通過

ラン10km   4kmx2.5周回

スタート直後からペースを上げようとすると
痙攣しそうになるので上げることが出来ず
我慢のラン序盤。

公園内で神奈川県在住の兄夫婦の声援を
受け、一方では痙攣しそうなのをごまかしながらの
ランパート。

2.5kmでのスロープで遂に堀野さんに追い付かれ、
200m程はついて行ったのですが、その後は
ジリジリと差が開いて行きます。

 5km辺りでは後続の佐藤さんとの差は2分足らず。
でもペースは余り落とせない。
前との差は100m足らず。
諦めるにはまだ早い。
無理をして痙攣すれば一気に追い付かれてしまう。
残り1km辺りでは前とは約1分、後ろとも約1分。
後ろを気にしながらのゴールイン。

ラン   45分21秒   313位
トータル   2時間29分51秒    144位

公式記録です。
http://www.jtu.or.jp/news/2014/pdf/2014yokohama_age_result.pdf

1位から4位までが約2分差でした。
3位の笹川選手を見落としていたので
すがその差約20秒でした。

 年代別2位に終わりましたが、今の実力では
やむを得ない結果です。

 次戦「大阪舞洲大会」までには、少しは立て直しをはかります。

 エリートでは当たり前ですが今回はエイジグループも
レースナンバーがマジックインキでなくシールになりました。
国内では初めてです。
横浜1-2.jpg
チョットいい気分です。
今後、他の大会でも
増えて行きそうな
気がします。






番外編

今回ののミス@
横浜から相鉄線に乗ったのですが、
短い時間に切符をなくしました。

今回ののミスA
チェックアウトを済ませホテルの玄関を出て
すぐに、フロントの女性が急いで出てきました。
もしかしてだけド〜〜と思ったのですが、
スーツケースをフロントに起き忘れていました。

スタッフ、ボランティアの皆さん、それに声援を送って
下さった皆さん、最後まで呼んでくださった皆さん
有り難うございました。


posted by iba at 20:57| Comment(0) | トライアスロン

2014年05月12日

「南紀白浜」トライアスロン

昨日「南紀白浜」トライアスロンへ参加してきました。
 
 第一回ですが、北は北海道、南は沖縄から約500名の
参加がありました。

 白浜空港からも非常に近いので首都圏からも多数の参加が有りました。

 姫路からよりもアクセスが良いぐらいです。

 チーム員の相原さんと車で約5時間かけて現地到着。
南紀白浜3.JPG

 





白い砂浜と碧いに感動!!

 それに非常に強い風。

 車でコースの下見ですが、アップダウンの繰り返し。

 しかも最後に最大斜度13%を含む約1Kmの坂が待ち構えています。

 オフの練習不足を悔いるばかりです。

 大会当日
 昨日の強風も無くまた波もなく、絶好の天候になりました。
 でも昨日下見をしたバイクコースに対して不安が一杯でスタート前でした。

 目標は総合より年代別一位です。

 スイム 750mx2  1500m
5分後の代2ウエーブのスタートです。
たいしたバトルも無く無事終了。
 23分41秒 65位 

 バイク 40km
車で見たよりは楽でしたが、抜くより抜かれる方が
多く順位は下がり気味。
最後のさkも攻めきれずバイク終了。
バイクラックに同じ年代のバイクは無かったので
この時点では年代別一位のようです。
 1時間20分10秒104位  通過85位

 ラン 10Km 
 旧白浜空港からのスタートです。
前半は下りが多いワンウエイなので、順位や
ライバルとの位置関係が分からないのでペースを
つかむのが難しいコースです。
 
 いつもと同じようにやはり抜くよりは抜かれる方が
多く順位は下がっていくのが分かります。
でもいつものことなので焦らず淡々とゴールに
向かいます。

 残り2Kmを過ぎた辺りからは後ろを気にしながら
ゴールに向かいます。
後ろに同じ年代の選手は見えないので、ほぼ
年代別一位のつもりでゴールイン!!

 47分06秒 184位  
 トータル 2時間30分57秒 110位  年代別1位

速報発表で確認後間違いなかったので一安心。

下記は成績表です。
http://www.jtu.or.jp/news/2014/pdf/14shirahama_result.pdf

南紀白浜1.JPG










声援有り難うございました。


今回は、近藤 真彦選手(マッチ)
堀江 貴
文選手
(ホリエモン)の参戦もあり
良かったです。
下の写真の中に
近藤 真彦選手が移っています。
 
南紀白浜4.JPG







42才にして総合5位の福元選手との
ツーショットです。
お互い知ってはいたのですが話をする機会が
無かったのですがじっくり話も出来て、良かったです。
南紀白浜2.JPG

今大会のスタッフ、ボランティアの皆さん有り難うございました。

次回は翌週の「横浜」トライアスロンです。






 

 



posted by iba at 10:32| Comment(0) | トライアスロン

2014年04月22日

チャンピオンジャージ

ジャージ2013s.jpg
 ようやく2013年度のJTUエイジランキング1の
チャンピオンジャージが送られてきました。

 袖に手を通すと新たな気持ちも湧いて来ます。

 声援有り難うございました。
posted by iba at 23:10| Comment(0) | トライアスロン