2016年05月24日

横浜トライアスロン2016

  今年で4度目の参加です。
土曜日のエリート、日曜日エイジ共に天候に
恵まれました。

JTUポイントランキングシリーズの中で一番重要で
もっとも盛り上がる大会です。
やはりポイント15を獲得は譲れません。

スイム 1.5km 750mx2 です。
水温も22℃位ですが水質は悪かったです。

他でも汚ない海は経験しているので、そんなに
気にはなりません。

今回は55歳以上の男子だけの第7第ウエーブです。
前のウエーブとの差も40分以上有り、スイムの
早い女子もいません。
自力だけでウエーブトップでスイムを終える
つもりです。

スタート直後は周りに数名いたのですが100mも
行くと3人程になり250mの第一ブイからトップに
立つと最後まで独泳状態です。
P5150551s.jpg
こう言うのはじめてなので、ヘッドアップも今までより
頻度を上げコースミスに気を付けます。

2周目の第一ブイ辺りから5分後10分後にスタートした
第7、8ウエーブの選手に追い付いきますが、
バラついているので問題なくパス出来ます。

ポンツーン(スタート台)に上がり後続を確認しても
見当たらないので予想以上に差は空いている様です。

IMG_2033s.jpg
トランジションまで約300mほど
走ります。

これは計測上はバイクタイムに
含まれます。

JTUサイトの写真です。


バイク 40km  6.6km x 6周回
前のウエーブとの時間差が40分程有ったので
コース上は周回が多い割には、問題は少なく
後は周回ミスをしないことだけです。
P5150564s.jpg
折り返しでは車間が
詰まってきますが、
道幅が広いので
ばらけやすかったです。



 特に問題なく最後の周回になり、それも残り1Kmを
過ぎた辺りで、いきなりパ−ンと言う音がしてバイクに
トラブル発生。
降りて確認すると後輪のパンクです。
修理するよりゴールまで押していく方が速そう
だったので押していこうとしたのですが、
安全のためそれも不可でした。

恐る恐る乗ってみると何とか行けそうなので、徐行で
何とかゴールに向かいます。。
その間ドンドン抜かれていきますが、
スイムで同年代には充分差を開けているはずです。

トランジションで確認すると私のエイジ65-69では
一位です。

 後で調べると、4cmぐらいの釘が刺さっていました。

1時間20分40秒 304位 通過158位

ラン  10Km  約4Kmを2.5周回
とにかくエイジ65-69での一位を確保すること
だけに徹します。
折り返しが5回有るので、確実に差をチェック
していきます。

P5150588s.jpg後半に入った辺りで
2分ぐらい差が
開いていたので
後は無難に
ゴールするだけです。

  
46分32秒390位 
トータル 2時間34分03秒 193位
  エイジ65-69  1位

IMG_2035s.jpg
昨年よりランで約2分
遅くなっていましたが、
お陰様で
何とかポイントも15を
獲得出来ました。




今回もスイムに頼り切った一位でしたが
次戦7月3日 サンポート高松トライアスロン
までにランも少しはましにしておきたいものです。

スタッフをはじめ関係者の皆さん有り難うございました。

応援よろしくお願いします。 







posted by iba at 15:47| Comment(0) | トライアスロン

2016年05月21日

ラジオ出演

 tops.jpg
 5月18日に ラジオ関西人気番組
「ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょ−!」
出演してきました。

 パ−ソナリティ ばんばひろふみさん、
アシスタント増井孝子さん、露の吉次で繰り広げる
番組です。
 (毎週水曜AM10:00〜PM3:00)

 私が出るのは「知性の玉手箱のコ−ナ−」と言うコ−ナ−で、
今回のテ−マはトライアスロンについてです。
20160519-img_1194s.jpg

始まるまではトライアスロンと同様に緊張しましたが、あっという間の22分間でした

20160519-img_1195s.jpg

20160519-img_1197s.jpg
 終了後の記念撮影です。

このときの様子は番組ブログ
配信されています。

 内容はポッドキャストでもネットで配信されていますので
視聴エリヤ以外や、聴き逃した人も視聴可能です。
http://jocr.jp/podcast/index.html#about
ポッドキャストの中では32分過ぎから55分の間。出演しています。

 お時間が有れば上記URLを覗いてみてください。

ポッドキャストについては下記URLを参考にしてください




posted by iba at 15:11| Comment(0) | トライアスロン

2016年05月04日

スイムの改造と”オリンピアン三浦広司の「体幹クロール」” その後ー4 "

三浦広司.jpg

「体幹クロール」を受講後2戦目が
「廿日市エイジアジア選手権」になりました。

実践を通じてのみ分かる部分が有ります。
前回の石垣島では、最終ウエーブと言うことで色々
言い訳じみたこともありましたが、今回は第2ウエーブ
とはいえ、数名のスイムが速い女子選手同じです。

前回は左右の蛇行が気になったのでプールで
その辺りを修正して臨みました。
8分17秒 180人中50位 
距離は水温が15℃と言うことで1/3に短縮。
順位は他の大会と比較は出来ませんが、内容は
上位陣のスイムタイムとの差を確認した結果
かなり満足のいく内容でした。

 蛇行に関してはロ−リングの程度を少し少なくし
不安定だった右手のストロークをの精度アップを
試みてきました。

 それでも不安は有ったのでヘッドアップも
今までより頻度は上げました。

 距離も500mで1周回なので最後の100mほどを
除いて殆ど追い抜く必要が無かったのでほぼ直線で
泳げたようです。
  
 ただ若干右へ行くような傾向が有りました。

 コ−スロープが張ってある場合は、潮の流れや
風の影響は良く解るのですが今回は不明です。

 距離が短かった分問題点も現れにくかったようです。

 次回横浜大会では55歳以上の男子のみの
ウエーブです。
しかも前のウエーブとのスタート時間差は50分。
真価が問われるスイムになります。

コスメル(メキシコ)大会まで後約4ヶ月。
横浜大会を含めて5戦。
実践を通じて進化していきます。

posted by iba at 21:59| Comment(0) | トライアスロン

2016年05月03日

アジアトライアスロン選手権 廿日市

5月1日 広島県廿日市市で行われた、
エイジアジアトライアスロン選手権へ行って来ました。

廿日市01.JPG

後ろに小さく写っているのが
宮島の鳥居です。

ホテルのフェリ−乗り場から
撮影




 年間ランキングでポイントの高い(15ポイント)
大会の一つです。
それとエイジ別のアジアチャンピオンという
タイトルも有り、外せない大会です。
 各年代(5歳きざみ)いずれも上位選手がが
エントリーしています。

スイム 本来500mx3で1500mでしたが
水温が15℃で低いので500m x 1 の500mに
短縮されました。

 テンションだだ下がりです。
個人的には15℃は身がキュッと締まって良い
ぐらいです。
 でもいつも通っているスポーツクラブの水風呂は
18℃ですが冷たくて入りません。


 今回は第2ウエーブで60才以上の男子と、
女子全員です。
10名程速い女子選手が居るので、好都合です。

 予想通り女子数名が先行する展開です。

 お陰でバトルも殆ど無くいいペ−スで
スイムゴール。

   8分17秒  50位


バイク 6km x 7周回

 4〜5周回目辺りからドラフティング集団が目に
付き出します。

 その都度後ろに下がってしまうので順位は、
どんどん下がっていきます。

 少し欲求不満の状態でバイク終了。

 1時間15分01秒  122位  通過 113位



ラン  約10km 3km+2.4kmx3周回

 後は折り返しで、差を確実にチェックするだけです。
特に周回コ−スは最初の折り返しで見落とすと
致命傷に繋がります。

 周回コ−スに入ってから最初のすれ違いでは
(約3.5km地点)
その差約1Km弱。
No6503 ○川選手。過去に一度負けています。
しかし残りの距離を考えると、トラブルがなければ
逃げ切れるはずです。
最後の周回では○川選手を見つけることが
出来無い状態でゴ−ルイン。

 ラン 47分59秒 129位
エイジ65-69 1位
総合 2時間11分17秒  122位
廿日市04.JPG











廿日市02.JPG

会場に有った
真っ赤な
マツダ
ロ−ドスター

気分を良くして
買っちゃいました!!


真っ赤な嘘です。

関係者、スタッフ、応援していただいた皆さん
有り難うございました。

次戦は5月15日 横浜大会です。
ここも一位のポイントが15で落とせない大会です。



posted by iba at 22:32| Comment(0) | トライアスロン

2016年04月14日

スイムの改造と”オリンピアン三浦広司の「体幹クロール」” その後ー3  " 2016コスメル大会(メキシコ)に向けて

三浦広司.jpg

「体幹クロール」を受講後2016石垣島大会が初レ−スとなりました。
全体のレポはすでに行いましたが、スイムについてはその辺りを
もう少し考えてみます。

 24分57秒 511人中29位 

23分台を思っていたのでタイムだけを見ると不満は残りますが、
最終ウエーブでのスタ−トを考えるとまずまずの結果です。
最終ウエーブになった場合のロスは、1ウエーブにつき10秒位と思っています。
今回に当てはめると代7ウエーブなので約50秒


しかし実践になって初めて分かることもあり、今後のために
まとめてみることにした。

@ 前の選手を追い抜く時の感触は、スピ−ド感が有った。


A 今回初めて蛇行に依るロスを感じた。
私は今まで、ヘッドアップは余りしない方で。
真っ直ぐに泳げれば、ヘッドアップをしなくても
殆ど問題なかったのです。


でも今回は思った以上に蛇行していた。

考えられる理由として

三浦コ−チから指摘されていた内容で
右ストロークの時、脇が閉まりすぎという癖が充分に
直って居らず左右の差が不安定であった。

ロ−リングを大きくしたため、追い越す時に左右の
バランスが悪くなったりしている。

またエントリ−の時の手の位置がまだ不安定である。

この問題は昨日と今日プールで修正を行なった
その結果スピ−ドも上がりそうだ。

B ここ数ヶ月、大きくユックリした泳ぎを
主に行っていたのでピッチが上がらず、楽に
泳ぎすぎた観がある。
バイク、ランは150拍/分位だが、今回の
スイムは140拍/分程度だった。

次回廿日市大会では、自分を信じて最初から
いつものように攻めていくつもりだ。

最後に
海でウエットスーツを着ると思った以上に足が
水面に近くなり、左右にぶれやすく感じた。
これは単に感覚的なものかどうかは不明です。

 コスメルではウエットスーツは着用出来ないはずなので
問題は無く、むしろこのためにこの半年スイムの改造に
取り組んだので当然と言えば当然だ!!

 今まで抵抗の少ない泳ぎに徹し、自分の考えでそれなりの結果を
出してきたつもりだが、さらなる進化を求めて三浦コーチの
門をたたいてから約5ヶ月。

今はコスメルでのスイムが不安から期待に変わって来ています。
この半年間のいきさつ等です参考にしてください
posted by iba at 16:57| Comment(0) | トライアスロン

石垣島 2016トライアスロン ラン篇

2016-04-13_164257.jpg
ラン   10km
サザンゲートブリッジを渡った後はフラットな会場周辺を
2周回するコースで2度の折り返しでライバル選手の
位置が確認できま手を抜けないコースです。

トランジション中に60-64の横◯選手、小◯選手が
相次いでトランジションエリアに到着。
ランコースに出るまでに2人に交わされ、この時点で
60-69で既に4位。

この時点で60-69での表彰台への固執より確実に
65-69での1位を取るのと、現状でのランの
仕上がり具合を確認することに方針転換です。

1kmも行かないうちに、もう一人60-64の選手に
追い越されしかも異次元の速さとフォームで
抜いていきます。
結局この◯葉選手が60-69を制します。

残り2km辺りで前を行く小◯選手の姿が少しづつ
近づいているようなので、とにかく追いついて抜く
つもりでペースを上げていきます。

後1kmぐらいで交わし少しづつ差を広げて
ゴールイン!!

ランタイム  50分12秒  81位
総合 2時間36分32秒   42位
エイジ60-69 4位
エイジ65-69 1位
スタッフ、関係者の皆さん有り難うございました。
応援していただいた皆さん有り難うございました。

次戦は広島県で行われる
   です。
引き続き応援お願いします。

<PS> 道端カレン選手は61位で女子6位でした。
      生カレンは見れませんでした。
      と言うかスッカリ忘れてました。
posted by iba at 14:38| Comment(2) | トライアスロン

2016年04月13日

石垣島 2016トライアスロン バイク篇

2016-04-13_081351.jpg









バイク 42km  
島の南半分を廻り多少のアップダウンはあるものの、
全体としてはワンウエイの高速コースです。

トランジション時には同じウエーブの選手入って
来なかったので、1分以上は差がある様です。

バイクに入ってからも前のウエーブの選手を
ひたすら追い越していきます。
でも時々抜かれる事もありますがスピードに
余り差もないので、順調に進んでいきます。

しかし15km辺りで、同じウエーブで昨年度の
エイジ60-64ランキング1位の長谷◯選手が
抜いていきます。
過去何度か対戦しているのでお互いの力は
良く分かっています。

何度か逃げをはかりますが、逃がしてくれません。
この様なバイクコースでは、相手が見えている限り
なかなか差が付きません。

しかし35km辺りで私の方が力尽き視界から
消えてしまいました。
そうは言っても60-64には他にも強豪が
ひしめいており、今後のためにもズルズルと
下がって行く訳には行きません。
バイクゴール後トランジション時に長谷◯選手が
ランに向かう姿が見えその差は30秒程度です。

1時間21分23秒  44位     30位 通過
posted by iba at 16:25| Comment(0) | トライアスロン

2016年04月12日

石垣島 2016トライアスロン スイム篇

今期の初戦で大事な一戦です。
このオフの過ごし方、現時点での仕上がり具合を
確認する上でも 、結果だけで無く内容も
大事な一戦です。

石垣島大会は6度目の参加ですが、コースも
大幅リニューアルされています。
表彰も10歳刻みなのですが、何とか表彰台には
上がりたいですね。
でもJTUのポイントランキングでは5歳刻みなので、
65-69での1位だけは必須です。

スイムは2年前に出来た、南ぬ浜町(ぱいぬ
はまちょう)のビーチを2周回 (750m x 2)で
1500mです。

スタートは最終の第7ウエーブ。
2分間隔なので第1ウエーブの12分後です。
ここ2〜3年は60歳以上は最終ウエーブに
回されることが殆んどです。
先にスタートしている選手を掻き分け掻き分け
しながら進んでいきます。
まるでインベーダーゲーム。

今回は約1分のロスは有りそうです。
23分辺りを狙っていますが、24分台に
なりそうです。

このオフシーズンにスイム改造に取り組み、
その進捗具合はプールではある程度確認出来て
いるのですが実戦でしか解らないことが多いく、
私だけでなく多くの選手がその成り行きに興味を
持って貰っているようです。

元オリンピック選手の三浦コーチとエイジ
トップクラスの八田さんによる
「体幹パワーのクロール講座」の成果に
ついての考察は別途改めて報告します。

 スタートとして100mも行かないうちに
第6ウエーブの選手に追いつきます。
スイムの速い女子選手が同じウエーブに
いる時はまだ良いのですが、単独で抜いて
行くときは其れはもう・・・・

ウエーブによってスイムキャップの色が違うので
一周目の後半頃には、ブルー、オレンジ、黄緑、
黄色、ピンク、白と祭りの風船釣り状態です。

一周目が終わり一度砂浜に上がるのですが、
その時に、同じウエーブの選手を確認したのですが
近くには見当たりません。

 二周目に入って少しはマシにはなるのですが、
直ぐに前の選手に追い付くのでやはり右へ
行ったり左へ行ったりと、かわしながら
進んでいきます。

1人追い抜くのに数秒も掛からないので
良い感じでは泳げているようです。

残り100mぐらいで時計を見ると22分30秒、
心拍数は140拍/m。

残り僅かですが少しペースを上げてスイムゴール!

24分57秒  29位

続きはまた後ほど
posted by iba at 20:51| Comment(0) | トライアスロン

2016年02月28日

世界遺産姫路城マラソン2016-2

予報通り一日中雲一つ無い天気でした。
暑くもなく、寒くもなく風もあまりなく最高のコンディション。
姫路城マラソン2016-2.jpg







今年になってから、3Km以上の距離は殆ど走って居らず
男山の階段トレ(194段)、お城の周りの1.63Km
タイムトライアル2〜3本

ほぼその2種類しかやってなかったのですが
それでどこまで行けるかというテストでもありました。

昨年と比べて約2分遅いだけでした。
差は少ないようですが35Km以後の足の痛みと
ペースダウンは想像以上でした。

このことはオリンピックディタンスのトライアスロンを
メインにしているので問題は無いのですが、
15Kmまでのスピードが遅すぎるのが誤算です。

高齢になるほど練習のし過ぎが回復を遅らせたり
故障に繋がっていくリスクが高くなるので、いかに
少ない量でレベルを維持していくかが大事だと
思っています。

今回筋肉痛以外、致命的なダメージが今のところ
無いので一安心です。

後はトライアスロンシーズンに向けて仕上げていくだけです。

応援していただいた皆さん有り難うございました。


posted by iba at 17:49| Comment(0) | トライアスロン

2016年02月27日

世界遺産姫路城マラソン2016

昨年とは打って変わって明日は良い天気
になりそうです。
姫路城マラソン2016.jpg 
スタート地点まで自宅から約2Km
マラソンに出場するという感覚より、
世界遺産姫路城を舞台にしたイベントに
参加するという感覚が強いです。
マラソン用の練習はしていませんが、
4時間ぐらいは切りたいですね。

今年もJTUチャンピオンジャージで出走します。
レースNo B11829

応援よろしくお願いします。
posted by iba at 19:22| Comment(0) | トライアスロン