2015年08月07日

種なしスイカ

種なしスイカを初めて収穫しました。
いままで種なしスイカを食べたことがありません。

それなら自分で作っちゃえ!

3月31日にパン用の発酵器を使って29℃丸五日で発芽。
6粒播いて4粒発芽。
種なしスイカの苗作りは、難易度が一番高いので、
初めてにしては、満足出来るレベルです。
発酵器ぎた無いの湿度が高い状態が長すぎたので、
徒長し過ので心配でした。
しかし草勢が強く無事最初の収穫を迎えました。

黒皮で3倍体の品種です。
スイカ150807-1.JPG

スイカ150807-2.JPG
少しは種や、痕跡が残っているかと思ったのですが、
全く種は有りませんでした。
糖度、シャリ感は問題なし。

来週から8月末まで後、数個収穫の予定です。
来年はもう10日ほど早く収穫出来るようにしたいですね。






posted by iba at 19:30| Comment(0) | 土いじり

2015年08月03日

長良川トライアスロン 2015 

8月2日 今シーズン7戦目の長良川トライアスロンに行って来ました。
私自身3度目の長良川です。

長良川は私の知る限り暑い事では日本一です。

アイアンマンハワイで5度優勝のデーブ・スコットも、
今までで一番タフな大会はどこでしたか?
と言うインタビュウにこう答えたそうです。

「ナゴヤノチカクノ nagaragawa デス」


 当日スタート30分前に、
37度以上になりそうなので急遽バイクが3周回30Km、
ラン3周回7.5Kmに変更になりました。

 本来は私にとって有利になるはずでしたが、バイク終了時
まではほぼ想定の範囲内でしたがランで折り返しミスをし、
おまけに周回を勘違いし、2周回でゴールしてしまい
DNQになりました。

DNQは正しいゴールでないと言うことで失格です。
30シーズンで完走出来なかったのは初めてです。


その時は気がつかなかったのですが、私より前にいる
はずの選手がゴール付近に見あたりません。
数分経ってから、1周回ミスをしたのに気がついたの
ですが、もう走る気力も残っていませんでした。

 ランに入った時暑かったのですが、体よりも暑さに
気を取られ集中力を欠き、その時点でライバルの
山本選手に1分ほど離されていたので、焦りが有り
ライバルの位置や周回ラップの確認が出来ず
周回ミスに繋がったみたいです。

nagaragawa.JPG
 
 




村中選手 私 三宅選手

これも今後の「クスリ」にしていきたいところです。

 次戦は9月19日 シカゴ(アメリカ)です。

 今後とも応援よろしくお願いします。
posted by iba at 22:47| Comment(0) | トライアスロン

2015年07月24日

最近の練習

会社を退職してからあっという間に三ヶ月。

土いじりに使う時間が一番多く、トレーニングは

今までより多くはなっていますが、中二日とか
中三日ぐらいの感じでやっています。

 長い距離をバイクに乗るとか、長い距離を走る事は
やっていません。

ランに至っては、月間走行距離は以前の半分ぐらいで、
100kmにも満たない状況です。

 今シーズン6戦終了していますが、ランに関しては
今までより10Kmで1〜2分は早くなっているようです。

 後半の失速の程度も少なく良い感じす。

 時間は以前より多く使えますが、量より質と
言うスタンスは変えていません。

 今シーズンこれまで暑い大会は無かったので、
8月2日の長良川大会が終わるまでははっきり
分かりません。

 ランやバイクの練習拠点は、主に3カ所です。

 頻度が高いのは、姫路セントラルパークの坂を
利用したバイク&ラン 。

 時間の無い時は、世界遺産の姫路城界隈でラン練習。

 長い練習(と言ってもバイク60Km程度)は、
福崎−生野 バイク&ラン 

 これも車での移動時間を除くと、正味時間は
3〜3.5時間程度です。

 今日は姫路セントラルパークの坂で
1時間半ほどのバイク&ラン練習です。
セントラルパーク001.JPG
車も殆ど通らず3〜5%程度の坂で
最高の環境です。

 殆ど一人で練習しています。
時間と、目的が合えば一緒に練習しましょう。

posted by iba at 22:40| Comment(0) | トライアスロン

2015年07月20日

ひわさうみがめトライアスロン2015

 7月19日 ひわさうみがめトライアスロン(徳島県)へ
参戦してきました。

 台風11号がの影響で天候に不安がある中、、開幕6連勝を目指します。

今期6戦目、年間ランキング一位は確定しているので安全第一で望みます

最大のライバルは、アイアンマン世界ランク一位の村中選手です。

スイムの差をしっかり守って逃げきりです。

チーム員の岸本選手の車で自宅から約200Kmの会場へ向かいます。

ヒワサ2015-05.JPG開会式で選手宣誓の時
後ろで、松本選手と
チャンピオンジャージ姿で
お手伝い
向かって右端が
私です。



前夜は相当はげしい雨があり、テンションが下がりっぱなしです。

会場の駐車場に着いた辺りから雨も上がり、何とかなりそうな感じになってきました。

ヒワサ2015-01s.jpg
スタート前の岸本選手
との記念撮影

天候もまずまずに
なってきたので
緊張の中にも
安堵感有り!


スイム1.5Km 沖へ向かって750mの折り返し

うねりが少し有るようですが、私には気になるレベルで有りません。

スタートはだい4ウエーブで、65才以上男子、全部の女子それにリレーの部のスタートです。

前のウエーブに追いついた辺りから、うねりもあり追い越しにくい状況が、かなり続きます。

折り返してからはかなり泳ぎやすくなり、自分としては良い感じでスイムゴールです。

MCの山本さんから、「昨年度のエイジチャンピオンの揖場選手が上がっていきました」という

場内放送を聞きテンションを上げながらながらトランジションに向かいます。

 26分57秒 28位(男子) 

バイク 40Km  20Km折り返し
殆どがアップダウンです。

私が一番苦手とする下りの急カーブ。

抜かれっぱなしです!!

60-64エイジの佐藤選手、石飛選手が快調に追い越していきます。

抜かれても抜かれてもマイペース。

登りになると憂さ晴らしで抜き返し!!

とにかく安全第一で順位を落としながらも無事ゴール。

1時間27分23秒  100位  通過 67位

ラン 10Km  5km折り返し

ランスタート時にMCから「昨年度のエイジチャンピオンの揖場選手がランスタートました」という紹介を受け気持ちよくスタートです。

視界には、石飛選手、佐藤選手が入っています。

今シーズンはランが悪くないので、追いつくのは時間の問題。

500m辺りで、石飛選手をパス。

2km辺りで佐藤選手をパス。

ほぼ予定通り。

折り返し後に村中選手との差を確認すると約5分。

これだけあれば安全圏ですが、出来るだけペースを落とさないようにフォームに気をつけてゴールに向かいます。

最後500mは少しペースを上げてゴールイン!!

48分33秒 139位

合計 2時間42分54秒  77位(男子)

年代別(65-69)一位

ヒワサ2015-04.JPG









ヒワサ2015-03s.jpg







スタッフおよび応援していただいた皆さんありがとうございました。

2週間後には「長良川トライアスロン」です。
応援よろしくお願い致します

















posted by iba at 19:51| Comment(0) | トライアスロン

2015年07月13日

2015舞洲トライアスロン

7月12日舞洲トライアスロンに行って来ました。
JTUエイジランキングシリーズでポイントの高い
4大会の一つです。

今年のランキング1位はほぼ決まっているのですが、
今日の結果で早く確定させたいものです。

2010年から連続の6度の参加です。
はじめの頃は、前日に行っていたのですが、
今日は日帰りです。

今シーズン5戦目で5連続年代別一位を目指します。
すでにポイントの高い大会でポイントを稼いでおり
今シーズンの年代別一位はほぼ確定していますが、
舞洲で確定させたいです。
IMG_0660.JPG

他の選手とゼッケン番号の
色が違うので、間違って
前回のを付けたのかと
一瞬慌てました

実は昨年度のエイジ
ランキング一位の選手は
色が違っていました。



ライバル選手が不参加なので、翌週のヒワサ大会に
ダメージを残したくありません。

天候 朝から晴れで暑くなりそうです。

スイム 15.km 750m x 2週回

第4ウエーブで55歳以上の男子とすべての女子の
グループです。

最近は年代別によるウェーブ分けが多くなっています。

良い点は
1)バトルがあまりなくすぐに抜け出せる。
2)女子でスイムが速い選手と一緒の時はペース
  メーカーにしたりドラフティングすることにより
   実力以上に早く泳げます。
3)女子のキャップの色が違い時が一番好都合です。

悪い点
1)前のウエーブの遅い選手にすぐに追いつく為、
 かき分けていくのでロスを生じる。
2)そういった選手は泳ぎが下手なため必要以上に
  手足があたったり、平泳ぎの足で
蹴られたりします。

今回も予想通りスイムの早い数名の女子選手が先行していきます。

水質も良くないのですが、6度目ともなると余り気にならなくなっています。

可もなく不可もなくスイムゴール 
27分20秒 84位
 
順位は不満ですが55歳以上の男子の中ではトップで上がっているので
よしとします。(リザルトで確認)


バイク 40KM  5.6kmx6周回 + 2.4Km

舞洲と夢洲を結ぶ夢舞大橋を12回登ったり下ったり追い越し禁止区域があったりする
やっかいなコースです。

昨年雨の中落車事故でレースが中断したこともあり、橋のつなぎ目にゴムマットが引いてあるのですが、
それを押さえている重しのようなものが有り道の端から1m位の所にあるのでそれに乗り上げて落車する人が
数名あったみたいです。

それ以外は周回ミスやその他のリスクを避け安全第一で、無事バイクゴール。
1時間17分53秒 121位 通過96位

ラン 10Km  5kmx2週回
折り返しで2〜3回はエイジ別の順位確認が出来るのですが、その限りでは充分差がありそうです。
エイドで塩タブなどを貰いながら、あつさにつよくなっているようなつもりになってゴールイン。
実際は余り暑さに強くはなってませんでした。
50分21秒 151位
 2時間35分34秒  総合109位 
 年代別一位

総合順位は良くなかったのですが、開幕から無傷の5連勝!!
満足しておきます。

これで今シーズンのエイジランキングポイント一位が確定し、
来年のメキシコ世界選手権公費派遣が確定しました。

関係者の皆さん、応援をしていただいた皆さん有り難うございました。


次戦は7月19日 ヒワサうみがめトライアスロンです。
天候が気がかりですが引き続き応援よろしくお願いします
タグ:大会
posted by iba at 22:10| Comment(2) | トライアスロン

2015年06月22日

2015蒲郡オレンジトライアスロン

 21日はJTUランキングシリーズだけで4戦開催されました。
その中で「蒲郡オレンジトライアスロン」に行って来ました。

チーム員の相原さんと同行です。

 今年からポイントの形態が変わり4大会(横浜、蒲郡、
舞洲、村上)が一番ポイントが高くなったので、蒲郡に
参戦決定しました。

 目標は、あくまでも65〜69歳での一位です。

 私の年代以外も、来年のメキシコ公費派遣を賭け
熾烈な争うが予想されます。

スイム 1.5Km 
 私のウエーブは60歳以上と、学生を含め女子全員。
私にとっては一番好ましい条件です。

 スイムの早い女子が10人ぐらいは居そうなので、
その辺りについて行けば自然と良いタイムになります。

 100m辺りですでに周りや前はスイムの早い
女子選手が10名近くいます。

 私以外の男子選手に差を付けるのには絶好の
状態です。

 300m辺りでは、早い女子選手はずっと前に
いっていますが周りには数名の選手が居るので
ペースメーカーにしてついて行きます。

 前とのウエーブ差が5分なので混雑もさほど無く
思い通りの展開でスイムアップ。

 26分11秒  51位

 バイク  約10km x 4周回
約100回近い90度や180度の曲がり角。
スイムスタート時には少し晴れ間も見えた天気が
一転はげしい雨模様になり、非常に危険な
路面状況なっています。

 同じエイジのライバル村中選手にはスイムで
5分はあけているはずなので、自分を信じ
安全運転に徹します。

 5歳下クラスの選手2人が25〜30Kmで私を抜いて
いきます。

2人の力を知っているので、これは織り込み済みです。

あくまでもマイペースを貫きます。
あくまでも狙うは65〜69歳での一位です。

悪コンディションの中無事バイクゴール!!

 1時間19分21秒  121位  76位通過

ラン 10Km  約3.3km x 3週回

 折り返し地点が多いので、ライバル選手との差を
確認するのですがなかなか見つかりません。
でも2分以上は間違いなくあいているようです。

 雨も気にならない程度の状態ですが、路面は
いたる処に水たまり。
 足を取られ転倒する選手も見受けられます。

 余り前ばかり見ていると足下が狂います。

 ゴール付近の折り返しで、上田藍さん
(オリンピック選手で、応援のため私服で観戦)から 
  イバさ〜ん!!  と言う声援を受け
気分を良くして最終回へ向かいます。

 バイクで私を抜いていった選手との差も
3分程度なので年代別一位を確信しながら
ゴールイン!!

 ラン 47分237秒 195位
合計  2時間32分59秒  99位
 年代別 一位

今回もスイムの差で逃げ切るといったパターンでしたが
自分のレースが出来たという感じです。
改めてスイムの重要さを痛感しました。

 これで今シーズンのランキング一位(来年の
メキシコ世界選手権公費派遣)に大きく近づきました。

 大会関係者、ボランティアの皆さん、
それに応援していただいた方々
有り難うございました。

 次戦は7月12日舞洲(大阪)です。
引き続き応援よろしくお願いします。

IMG_0747s.jpg
65〜69歳表彰者とプレゼンターの
古谷選手(今回アジアカップ初優勝)です。





















posted by iba at 14:48| Comment(2) | トライアスロン

2015年06月16日

家庭菜園2015年6月中旬

3月の末に播いたトウモロコシ(ゴールドラッシュ)と
枝豆(茶豆)がようやく良い味になってきました。
両方とも今年はjめての品種ですが、味は最高です。
特にゴールドラッシュは今まで食べたトウモロコシの
中でも最高です。

とうもろこし150613.JPG
今年は時間がとれるようになったので、虫除けネットなどを
使ったのと、時期を早めたので害虫の被害はほとんど
有りませんでした。

ぶどう150611.JPG
ぶどう(巨峰)も後二月半ほどで収穫を迎えそうです。

野菜や果物の生長を見ていると癒されます!!



posted by iba at 22:15| Comment(0) | 土いじり

2015年06月12日

ジャコウアゲハの幼虫

ジャコウアゲハは姫路市の蝶(市蝶)です。

まだ認知度が低いのですが街の中でも飛び交う姿が、
見られるように、私も今年から飼っています。
jakou.jpg
と言っても、ようやく二匹がサナギになったところです。

上の成虫の写真は、伊丹市昆虫館_ジャコウアゲハからお借りしました。

ゴールデンウイークの時に卵を採取していたのが、
ようやくサナギになる為葡萄の葉っぱに移動しています。
ジャコウ150612-2.JPG

育てるのは今年が初めてなので、分からないことがたくさん出てきます。

tamago.JPG

今日家で育てているウマノスズクサに新たに卵を発見!!

ウマノスズクサというジャコウアゲハの幼虫しか食べない草に、
お母さんアゲハが飛んできて卵を産んだ模様です。

後はウマノスズクサをどれだけ増やせるかにかかっています。
8月には、蝶になって飛び立っていくと思っています。


posted by iba at 11:21| Comment(0) | ジャコウアゲハ

2015年06月06日

FM放送生出演

今日、6月6日(土)姫路、西播磨のFM局「FMゲンキ」に
出演しました。
初めてのラジオ出演で、緊張しましたが、無事終了して
帰って来ました。
1レース終わった感じです
生放送は 13;15〜13:45
再放送は 6月6日(土18:30)〜17:00

パソコン  http://fmgenki.jp/internetradio.html

スマホ   公式アプリ listen radio を使って
無料で聴けます
      
posted by iba at 14:31| Comment(0) | 日記

2015年05月26日

2015石垣島トライアスロン

「横浜大会」の余韻も抜け切らぬまま
JTUランキングシリーズ3戦目

「石垣島大会」です。
石垣島へ来るのは5回目ですが、昨年は中止になり
今回はコースも一新、新たなスタートです。

時期も梅雨に入り、金曜日に現地入りしてからは、
雨ばかりです。
しかも例年の梅雨より雨の降りかたが多いようです。
テンションも一向に上がりません。

前日は雨の中、レンタカーでコースの下見です。
20km〜30kmの辺りはアップダウンと急カーブの
連続、しかも激しい雨と水溜まり。
気持ちは滅入るばかりです。

今回からユニフォームに姫路市の市蝶
ジャコウアゲハをプリントしました。
石垣2015-02.jpg

大会当日
 
AM5:00 雨は降ってないけれどどんよりした曇り空、
会場までやく4km、そこへ行くまでだけでも雨で
無くて良かった!

最初スイムが2周回から1周回に変更がありその後
スイム中止の発表。
会場にはため息が有りましたが、安全第一という事で
仕方がありません。

今までほとんどの大会においてスイムの差で
逃げ切って来ました。
この2ヶ月ラン練習の成果を確認するいいチャンスです。

バイク
最終的にバイクも28kmに短縮で15人程づつ
30秒間隔のスタートです。
この大会は、年齢の高い方からのウエーブスタートでした。
最初は皆レースナンバー順かと思って並んでおり、
私も前の方にいました。

実際はアンクルバンドによる計測なので、
スタート時間はどうでも良かったのです。
そんな事情で前の方は私を含め殆ど高齢者です。

ライバルは2人です。
山本選手、佐藤選手です。
二人には昨年の村上大会で負けているので
連敗だけはしたくありません。

距離も短いのでいつも以上に最初から全力です。
2km程のところで同時にスタートした山本選手が
抜いて行きます。

雨も無く路面も乾いており少し登りではあるものの
高速コースなのでなかなか差がつきません。

最後の交差点を曲がった後は向かい風。
後はラン勝負に賭けるしかありません。

ランは苦手としていますが、今シーズンは好調です。
殆ど同時にバイクゴール。

50分21秒 61位

ラン 10Km 5km1往復 
山本選手と殆ど同時にスタートです。
後半に自身がないので最初から全力で行きます。
DSC_9961.jpg

スタート直後に佐藤宇選手がバイクゴ−ルするの
を確認したのですが、スター時間の差が分から
ないのすが、殆ど差がないはずです。
JTUエイジランキングでの区分けは違うのですが
大会の表彰は60歳以上で同じです。

後ろを振り向きたい気持ちを抑えてひたすら
前へ、前へ。

2km辺りで福元テツローさんが後ろから、声をかけながら
追い抜いて行きます。

折り返しが近づき、近くのピーチパイン販売の
お姉さんが応援に来ているかな?

折り返し後ペースを上げようとすると、わずかですが
痙攣が起きてきます。

先週と比べるとましなので、出来るだけペースを落とさずに
ゴールに向かいます。

ゴールは公園内のグランドでトラックを約1周します。
後ろを確認しながらハイな気分でゴールイン!!

ラン 47分29秒 68位 合計1時間37分50秒 総合59位


今期3連勝!!

表彰s.jpg
60代男女入賞者です。

今まではランでかなり順位を下げるのですが、今シーズンは
余り下がっていません。

ランのフォーム改造(そんなたいそうなもの
ではないのです)が功を奏してるのと、ラン勝負に
なる展開が影響しているようです。

次戦は4週間後「蒲郡大会」です。

応援有り難うございました。






タグ:大会
posted by iba at 13:54| Comment(0) | トライアスロン